趣味の雑記帳です。

アクセスカウンタ

zoom RSS 針ノ木岳・蓮華岳登山に行ってきました(2)

<<   作成日時 : 2017/08/05 21:24   >>

ナイス ブログ気持玉 180 / トラックバック 0 / コメント 10

(1)の続きです。

7月29日

この日は針ノ木岳をはじめ5つの山のピークを通って種池山荘まで歩きます。

まずは朝食です
画像

ちょうど食堂のテレビで天気予報を流していたのですが、こんな予報・・・見事に雨マークが並んでいます
画像


5時56分、出発時は雨は降っていなかったのですが、一応カッパの下は着用して針ノ木小屋を出発です。まずは針ノ木岳を目指します。

途中で見かけたお花畑(^^)
チングルマですね。ピンクの花はコイワカガミだと思います
画像

続けてお花の写真2枚
画像
画像

今日歩く稜線が見通せました
画像

後を振り返ると昨日登った蓮華岳です
画像

北アルプス南部の槍ヶ岳・穂高連峰が見えました
画像

槍・穂高をアップで。槍ヶ岳と奥穂は頂上がガスっていますけど前穂はギリギリ見えています
画像

見えている湖は高瀬湖です
画像
 
ウスユキソウ
画像

7時00分、標高2,821m針ノ木岳頂上です(^^)
画像

針ノ木岳からの展望です。
え〜と、立山の方向になると思います
画像

眼下に黒部湖です
画像

これから歩く稜線。これを見ると一体どこを歩くのかな・・・と思うのですがちゃんと登山道があるんですね
画像

遠景も。一番右の山は爺ヶ岳だと思います
画像

北アルプスの展望が望めたのは針ノ木岳まででした。これ以降はガスってきて展望は望めませんでした。更に針ノ木岳を出てからは雨が降ったり止んだり、その度にカッパの上を着たり脱いだりしていました(^^;)

7時37分、岩場に差し掛かりガイドさんからストックをザックに仕舞ってくださいとの指示、カメラもザックに仕舞いました
画像

8時11分、標高2,752mスバリ岳に到着
画像

10時10分、標高2,678m赤沢岳に到着。
確か扇沢と黒部ダムを結ぶ関電トンネルはこの赤沢岳の下を通っていたと思います。
画像

11時24分、標高2,641m鳴沢岳に到着
画像

新越山荘です。12時10分頃に着いたと思います
画像

そして本日5つ目のピーク、
13時28分、標高2,630m岩小屋沢岳です(^^)
画像

目的地の種池山荘には15時過ぎに着いたと思います。

本日の夕食です(^^)
画像



7月30日

4時35分、朝食前にこの日最初の1枚をパチリと。雲海が広がっていますね
画像

左・蓮華岳、右・針ノ木岳。下に浮かんでいる雲の上に針ノ木雪渓
画像

三角の山容の山は爺ヶ岳
画像

空を広めに撮ってみた
画像

遠くに見えていた山を望遠でパチリと
画像

山小屋の部屋から。ガスがかかっているのが鹿島槍ヶ岳、手前の三角の山が布引岳
画像

朝食です(^^)
画像

下山の準備をして外に出ると・・・
針ノ木雪渓がはっきりと見えますね
画像

昨日歩いた方向です。一番左の針ノ木峠からグルっと歩いてきたんですね
画像
 
蓮華岳に陽が当たりだしました
画像

このお天気ならカッパは必要なさそうです。実際、カッパのお世話にならなかったのはこの日だけでした。

5時50分、扇沢に向けて下山開始です。

下山途中で撮ったのはこのゴゼンタチバナの写真だけ(^^;)
画像

登山口近くの河原で登山靴やストックを洗って・・・
8時48分、爺ヶ岳登山口です
画像

8時58分、扇沢です
画像


後はバスで大町温泉郷のからまつ荘に寄って入浴、そして昼食です(^^)
画像

昼食を済ました後は再びバスで安曇野IC近くのスイス村という所でお土産を買って帰路につきました。

今回の登山ツアー、7月末でしたので梅雨が明けたベストの季節に歩けると思っていたのですが、残念ながら雨が降ったり止んだりの生憎のお天気でした。それでも針ノ木岳からの展望はまずまず、稜線を歩いている間は雨は降っても強風に見舞われる事なく歩けたので良かったかなと・・・(^^;)

でも、本当は好天なら黒部湖を挟んで立山・剱岳や北アルプスの絶景をを見ながらの稜線歩きだったんですけどね〜(苦笑)

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 180
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばんは。
お疲れさまでした!
梅雨明け10日と言いますので、私もかつて7月下旬に登山計画をしていたことがありましたが、悪天候のため途中で撤退した覚えがあります。
でも、ずっと降り続いたということでもなく、所期の目標を達成されたんじゃないですか。
種池山荘、泊まったことあります。
鹿島槍ヶ岳に登ったときの1泊目でした。
懐かしい!
トンキチ
2017/08/06 01:17
トンキチさん、おはようございます。
北アルプスは北陸地方の梅雨が明けないと好天にはならないみたいですね。帰ってから北陸の梅雨明けが発表されていました(苦笑)
撤退は登山ではありますよね。私も悪天候で予定を変更した事が過去2度ほどあります。
今回はお天気は良くはなかったのですが大荒れではなかったので予定のコースを歩く事が出来ました(^^)
鹿島槍ヶ岳に登られた時に種池山荘に泊まられたんですね。扇沢から上がってきてこの山小屋に着くとホッとします。中々良い山小屋でした(^^)

コメント、ありがとうございました。
narayama2008
2017/08/06 08:07
こんにちは。

天気が悪かったんですか。
それは残念ですね。
チングルマっていうんですか。
可愛い花ですね。
雲があるとはいえ、素晴らしい景色ですね。
雲のあり方も、幻想的でいいですね。
トトパパ
2017/08/06 10:11
トトパパさん、こんにちは。
はい、お天気はあまり良くなかったのですが、それでも大荒れの天候にはならず予定のコースを歩けたので良かったです(^^)
チングルマは高山を歩いていると良く見かける高山植物の代表的なお花です。でも、このチングルマ、実は木なんですよ。ちゃんと年輪もあるそうです。
雲が出ると雲は刻一刻と変化するのでそれがアクセントになって幻想的な雰囲気になりますね。そのような風景を見れるのも山登りの楽しみです(^^)

コメント、ありがとうございました。
narayama2008
2017/08/06 10:30
天気予報、見事にマークが一杯!
けど、真っ白じゃなかったんですね。(^^)
白馬に行った時は、山荘からのスタート時点では、雨は降ってなくても、ガイドさんの指示でカッパを着てました。
しばらくすると、降ってきたので、他のパーティーの方は、広くない所でも、止まって着てました。
今回と違うのは、あの時は、真っ白でした。(^^ゞ
雨が降って、これだけ視界があればラッキーですよ。(^^)
この天気でも、槍・穂高連峰が見えるなんて、narayama2008さんは持ってますね。(^^)
それに、スゴイなぁと思うのが、パステルさんのツアーでも、お花をちゃっんと撮ってはる。
ボクなんか、パステルさんで行くと、忙しくて、忙しくて…(^^ゞ
ウスユキソウ、可愛いいなぁ…

それにしても、この登山、たくさんのピークを踏むんですね。
小屋二泊だけの事はありますね。
ボクなら、3日目は起きられないかも。(^^ゞ

この岩場、スバリ岳というんですか。
面白そう〜(^^)
カメラもザックに仕舞うなんて真面目や。
ボクは、ちっちゃなコンデジをケースごとポシェットに付けてるので、ちょっと余裕があったら、スグに出してパチリしてますから危ないですね。(^^ゞ

30日の朝食前の写真、ブルートーンになって綺麗。
4時35分ですもんね。
最初の天気予報では、この日の天気も不安げでしたが、イイお天気になりましたやん。
蓮華岳を照らすお日様。
山の夜明けは素適です。

下山後の昼食は、ひょっとして、宴会パターンとちゃいます?(^^)
パステルさんは、このパターンがあるので、登山後の楽しみがありますね。
夜行、山荘二泊の登山、お疲れ様でした。
yoppy702
2017/08/08 16:33
yoppy702さん、こんばんは。
せっかくの縦走日だったのですが、雨マークがずらりでした・・・
それでも針ノ木岳まではそこそこ展望もありましたし、大荒れの天気にはならなかったので良かったです。
さすがにこの天気で槍・穂高まで見えるとは思わなかったのでラッキーでした(^^)
お花の写真は実は他の人も立ち止まって撮っていたんですよね、それで私も撮っていただけなんです(^^;)

はい、針ノ木小屋と種池山荘の間は有名な山となると針ノ木岳ぐらいだと思うのですが、それ以外に4つの山のピークを通るので結構面白いルートです。でも、その代わり登下降もその都度あってちょっとしんどいルートでした(^^;)

岩場、スバリ岳への上りですね。両手もフル回転でした。
添乗員さんから岩場なのでカメラも仕舞われた方が良いと、それに周囲がガスってきて展望も望めそうもないので、ここから種池山荘に着くまでカメラは各ピークの頂上で出した以外はずっとザックの中でした。

最終日はなんとか良い天気になってくれました(^^)
ガスもありましたが、雲海が広がっていて幻想的な風景を見る事が出来ました。

はい、昼食は入浴後の宴会パターンです(^^)
他社のツアーだと下山後の入浴はあっても宴会パターンは無いので、パステルさんの楽しみですよね。

コメント、ありがとうございました。
narayama2008
2017/08/08 19:23
レベル3に参加経験があって、このレベル4なんですね。
写真では最初眺めが良くなってきて、軽快に歩けそうです。
「7時37分、岩場に差し掛かり」の辺りからが厳しい所ですか?
標高2,678mの赤沢岳だと、下界より16度ほど低い計算ですが、体感温度はどうでした?
カッパ着てるので、蒸し暑いですか。
休憩もあるでしょうから、次の標高2,641m鳴沢岳は1時間チョイですか?
視界不良で途中の状況を示す写真がありませんが、標高2,630m岩小屋沢岳で5座目!
このアップダウンは岩場が続く道で、
それが、レベル4たらしめるんでしょうか。
写真が無いので想像ですが^^;

翌朝、4時35分だとまだ薄暗いと思いますが、写真では良く見通せてますね。
翌日は視界が良くなって、高山の魅力満載です。
最後良ければすべて良し、と思いたいです。
5座に渡る長距離登山、お疲れ様でした。
アルクノ
2017/08/10 19:42
アルクノさん、こんばんは。
去年は「立山三山縦走」に参加したのですが、それがレベル3だったのですが、やはり今回の行程はそれよりはハードでした(^^;)
はい、針ノ木岳までは雨も降ってなくて、登山道も両手で岩を掴んでなんて箇所もなかったので軽快に歩けました(^^)
岩場に差し掛かりのあたりを過ぎると所々で、両手で岩を掴んで歩く箇所がいくつか出てきました。また下りでは後ろ向きで下りたりとかするところもありました。
やはり標高が高くてもカッパを着て歩いていると蒸し暑くて雨が止んだらサッサとカッパは脱ぎたかったです。ただ風が吹くと涼しさを感じました。
そうですね。赤沢岳から鳴沢岳までは1時間チョイだと思います。
針ノ木小屋から種池山荘まで標高2,600m〜2,800mの間を上ったり下りたりなので大きな登下降は無いのですが、それでも5つのピークを上り下りしていると、知らない間に疲れが溜まってくると思います。それでレベル4なんだと思います。
でも、個人的にはこのコースはレベル5ぐらいでいいんじゃないかと思っています(^^;)

翌日は視界が良くてラッキーでした(^^)
初日、二日目とカッパのお世話になったので最終日ぐらいこういう日があってもいいかと思いました(笑)

今回は天候はもう一つでしたが、幸い悪天候で予定が変更なんて事はなく、また事故もなく歩けましたので良かったです(^^)

コメント、ありがとうございました。
narayama2008
2017/08/10 22:36
すごい山に登られますね。
稜線は遠くから見る限りはまったく歩くところがないように見えますが・・・。
僕は山城めぐりで200〜300メートル程度の低い山に日常的に登っていまして、いつかは本格的な登山を、といつも思っているのですが、なかなか手を出せずにいます。
高山の世界は下界とはまったく違うのでしょうね。
家ニスタ
2017/08/12 11:13
家ニスタさん、こんにちは。
今回のコースは初めて歩いたのですが、予想よりはキツいコースでした(^^;)
はい、遠くから見るとどこを歩くのかと思うのですが、近づいてみるとちゃんと道があるんですね。岩場では登山者が間違わないように矢印とかもあります(^^)
家ニスタさんは山城めぐりで低い山に登られているんですね。山を歩く機会が多いのなら、例えば北アルプスだと立山とか良いかと思います。高山病に気をつければ歩き易くて、更に眺めも素晴らしいです。
高山だとやはり雲海、それに高山植物、それらが見れるのがいいですね(^^)

コメント、ありがとうございました。
narayama2008
2017/08/12 12:56

コメントする help

ニックネーム
本 文
針ノ木岳・蓮華岳登山に行ってきました(2)  趣味の雑記帳です。/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる