上高地でトレッキング(2)

(1)の続きです。

翌10日は朝6時前後に起きました。朝の徳澤キャンプ場です。
画像


テントの中から撮ってみました(笑
画像


朝食を済ましてテントの撤収に取りかかります。テント泊で何が面倒かというとこの撤収作業です。どのくらい時間がかかるか計ってみることに・・・。7時20分に撤収作業スタート。撤収完了は8時20分頃でした。結局1時間かかりました (´・ω・`)
水を補給して8時30分に出発です。


今日の予定は明神までは昨日来た道を戻り、その後明神池に寄って梓川右岸道経由で上高地の小梨平キャンプ場に向かいます。その後、一時預かり所に預けた三脚を受け取りバスで大正池まで行き、そこから歩いてキャンプ場に戻る予定です。

歩き始めてすぐにこの様な案内板がありました。
画像


明神への途中にある古池です。
画像


またニリンソウの群落も。
画像


明神には9時半過ぎに到着しました。
画像


ここで梓川左岸道を分かれて明神池に向かいます。明神館前を出てすぐ明神橋があります。
画像


橋を渡ろうとすると橋の上でくつろいでいるニホンザルが
画像
画像


橋の周辺にも
画像
画像
画像


ニホンザルの撮影でちょっと時間を食いましたが明神池に到着。拝観料は300円です。
まずは明神一の池です
画像
続いて二の池です
画像


明神池拝観後、梓川右岸道で河童橋に向かいます。右岸道は往きに歩いた左岸道と違って結構変化の楽しめる道です。このような木道があったりします。
画像
画像
ちなみに右岸道・左岸道とは上流を背に右手が右岸道、左手が左岸道と言います。

また池や清流も。
画像
画像


河童橋に向かって歩いていくと岳沢小屋や前穂高岳への登山道との分岐に出ます。
画像
画像


この分岐のあたりが岳沢湿原です。背後の山は六百山です。
画像


岳沢湿原からは15分ぐらいで河童橋に到着。
すぐに小梨平キャンプ場に向かいテント設営と昼食を済ました後、バスターミナルの一時預かり所で三脚を受け取りバスで大正池に向かいます。

大正池では条件が良いとこのような風景を見ることができます。これは昨年11月に行った時です。大正池の湖面に穂高連峰がきれいに映ってます
画像
でも、今日はこんな感じ・・・(´・ω・`)
画像
穂高の稜線は見えているのでその点ではいいんですけど・・・

明日、早朝にもう一度大正池に来ることにして歩いて小梨平キャンプ場まで戻りました。その後は明日買うお土産の下見やキャンプ場の風呂に入ったりしてのんびり過ごしました。
画像


今夜も期待した星空は見えませんでした。三脚を持ってきたのは星空を撮るためだったんですけど。

(3)に続きます。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 5

ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック