京都・高雄から清滝、嵐山と歩いてきました(2) 11月16日

(1)の続きです

10時40分、神護寺から高雄橋に戻って来ました
画像
この後は、清滝さらに嵐山(阪急嵐山駅)まで歩きますので、散策というよりトレッキングという感じになると思います。

11時00分、橋の近くの高雄観光ホテルの喫茶室で腹ごしらえをしてトレッキングのスタートです。この高雄から清滝までの清滝川渓谷は錦雲渓(きんうんけい)と呼ばれ紅葉の名所でもあります。

このような渓谷を眺めながら歩きます
画像

道は未舗装ですけどそれなりに道幅はあります。
画像

また所々にこのような案内板も立っています
画像

北山杉の並木道です
画像

渓谷沿いの紅葉です
画像
   
画像
   
画像

コンクリートの橋を渡ります。この橋を渡るとベンチとかがありこのコースの休憩ポイントです。ちなみにベンチは全部満席でした
画像

橋を渡ったところにある木は色づいていました
画像

河原で休憩している人もいます
画像
   
画像

これは高雄方面に向かうハイカーさん。このコース、歩いた感じでは高雄から清滝に歩く人より、高雄に向かう人の方が多い印象を受けました
画像
  
画像

この案内板の所で一旦未舗装の道は終り舗装された道を清滝まで歩きます
画像

12時20分、清滝に到着です。これは清滝川に架かる橋の上からこれから歩く方向を撮ってみました
画像

こちらは橋のそばにある愛宕山登山口です
画像

清滝から再び清滝川沿いの未舗装の道を歩きます
画像
  
清滝からはまずはこの標識にある落合を目指します。ちなみに清滝から落合までは金鈴峡(きんれいきょう)と呼ばれています。
画像

高雄から落合まで河原で休憩している人が目立ちますね
画像
   
黙々と歩きます
画像

渓谷です
画像

途中、滝もありました
画像

ここまで来ると落合はもうすぐです
画像

13時02分、落合に着きました。まだ嵐山まで4.7キロ、高雄までが5.4キロですから計10キロ歩くことになりそうです。なお清滝川沿いに歩くのはここまで、またここから目的地の嵐山までずっと舗装された道を歩きます
画像

ここからの歩きはじめは峠の登り坂です。六丁峠を目指します。
中々きつい登りですけど木々の合間から保津峡を見ることが出来ます
画像
   
画像

13時20分、六丁峠通過です。ここからは下りになります
画像

峠を下ると鳥居本に出ます
画像
   
画像

このあたりは観光客も少ないですね。さすがにここまで足を延ばす人は少ないのかも・・・
画像

途中、この店で遅い昼食を取りました
画像

店のガラス越しにモミジがきれいだったので撮ってみました
画像

途中で見かけたお店、フクロウの置物かな
画像

落柿舎です
画像

常寂光寺を過ぎたあたりに人形が2体飾ってありました
画像
画像


そして高雄から歩く事4時間、
15時に阪急嵐山駅に到着です
画像


このまま、家路につきました。