奈良・西大寺と秋篠寺に行ってきました 1月31日

31日に奈良の西大寺秋篠寺に行ってきました。

西大寺は私が物心ついた頃から何度も行ったことのあるお寺さんです(^^)
と申しましてもお寺さんに用があったわけではなく、私の家のお墓が西大寺の近くにありますので、そのお墓参りの際に境内を通らせて頂いているというだけなんですが・・・(^^;)

一方、秋篠寺は西大寺からはそうは遠くないのですが、足を運ぶのは今回が初めてです。

写真も撮ってきましたので紹介します。

まずは西大寺からです。
このお寺は、称徳天皇の勅願により、常騰を開基として天平神護元年(765)に創建されました。当時は広大な寺域に多数の堂塔が建ち並び、東大寺と共に栄えていましたが、承和13年(846)以後数多の火災にあい、創建当時の建物はほとんど焼失しました。鎌倉時代に叡尊により復興されましたが、戦国時代には再び火災で焼失しました。現在残っている本堂(重文)、愛染堂(重文)、四王堂(重文)などは江戸時代中期に建てられたものです。叡尊が始めた「大茶盛」の寺としても有名です。(奈良市観光協会公式ホームページより) 

最寄駅は近鉄奈良線・京都線・橿原線が交わる大和西大寺駅になります。

西大寺東門です。駅からはすぐです
画像

東門からの参道
画像

案内図です
画像

四王堂です
画像

池もあります
画像

参道を更に歩くと
画像

護摩堂
画像

本堂です。
画像

本堂を左右から
画像
画像

東塔址です
画像

鐘楼堂
画像

愛染堂
画像

右・本堂、左・愛染堂
画像

お地蔵さまが並んでいます
画像

南門付近から本堂
画像


西大寺の次は秋篠寺に向かいます。初めて行きますので駅前の交番で道順を尋ねました(^^)

近鉄の踏切を渡ります。駅は大和西大寺駅です
画像

15分ちょっと歩いたでしょうか、秋篠寺という案内がありました。ここは南門から入る事にしました。
画像

秋篠寺南門です
画像

この秋篠寺は、奈良時代末期780年頃、光仁天皇の勅願によって建立され、開山は善珠僧正と伝えられています。平城京西北の外れ「秋篠」の地に建てられたためこう呼ばれています。平安時代末期に戦火のため伽藍の大部分を焼失し、鎌倉時代には今の本堂がもとの講堂の跡に再興されましたが、金堂や東西両塔の跡は雑木林になってしまっています。本堂に25体安置されている仏像の中でも特に著名なのが伎芸天(重文)で、諸技諸芸の守護神として多くの芸術家や芸能人らに慕われ、またその造形の優美な写実性は古美術愛好家の間でも広く親しまれています(奈良市観光協会公式ホームページより) 

このお寺さんも奈良時代からの由緒ある寺院ですが、やはり一般には秋篠宮様ゆかりのお寺さんという印象が強いです(^^)

南門から入るとうっそうとした林の中を歩きます。西大寺とはまた違った印象です
画像

苔もきれいですね
画像

南門から入ってすぐに東塔跡礎石があります
画像

参道を歩いて受付で拝観料500円を支払います。

本堂です。
画像

本堂を左右から。
画像
画像


本堂内も拝観できますが写真撮影は禁止です。
その本堂に祀られている伎芸天像(ぎげいてんぞう)、秋篠宮様ご成婚の折はその横顔が紀子様に似ているという事で多くの人が訪れたそうです(^^)

鐘楼です
画像


大元堂です
画像

こちらは開山堂
画像

供養塔ですね
画像

拝観を済まして、こちらは秋篠寺東門。
画像

東門から南門に移動して、その横に歴史の道案内図があります。帰りはこの歴史の道を辿って大和西大寺駅に戻る事にしました
画像

するとすぐにこのような細い道になりました。この道で合っているのか少々不安でしたが進んでみる事に・・・
画像

すると脇にこのような石標がありました。道は合っているようです(^^)
画像

ここを過ぎるとまた細い道です。なんだか住宅地の中を歩いています(^^;)
画像

この案内板はわかりやすいです
画像

近鉄奈良線の踏切を渡ります
画像

こんな感じで石標が導いてくれます(^^)
画像

このあたりまで来ると私も土地鑑があります。西大寺にはこの道を入るんですけど、案内の石標がありません
画像

で、周囲を見渡すと・・・(゚Д゚≡゚Д゚)キョロキョロ
柵の向こう側にありました。以前は道路側に案内板があったような記憶があるんですが、この位置だと初めての人はうっかり通り過ぎてしまうかも・・・(´・ω・`)
画像

この道を歩いて行くと右側に土壁が出てきますが、この壁の向こう側が西大寺になります。一目で新しい壁と古い壁がわかりますが、新しい壁に塗り替える前はここに西大寺の勝手口みたいな出入り口がありまして、そこからも境内に入ることが出来ました。
画像
画像

再び石標です。ここまで来ると大和西大寺駅はすぐ近くです。そのまま駅に向かい帰りました。
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 126

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

HT
2016年02月03日 22:48
こんばんは。
何方も立派なお寺さんですねぇ。そして随分広いですね。奈良は昔から好きで何度か行きましたが、ここ数年は行っていないです。この二つのお寺さんには行ったことがありません。何時か行けれたらいいのですが…。
2016年02月03日 23:22
narayama2008さん、こんばんは。
私も大和西大寺はよく行きますので、西大寺ってどんなお寺なんだろうと、ときどき考えていました。
まるで私自身がガイドさんに連れられて、訪問しているように、丁寧なブログを見せていただき、とっても楽しかったです。
写真も美しくて、大満足の旅でした。
いつもありがとうございます、、ポチッと投票も嬉しいです。
2016年02月04日 01:15
HTさん、こんばんは。
はい、どちらも規模の大きなお寺さんでした。特に西大寺は南都七大寺の一つに数えられて、その名から東の東大寺に対するお寺さんでした(^^)
この二つのお寺さんは世界遺産には指定されていないので、たぶん観光シーズンでもそれほど参拝客は多くないと思いますので、人込みを避けてゆっくり見たいという方にはオススメですので、ぜひお越しくださいませ(^^)

コメント、ありがとうございました。
2016年02月04日 01:24
OTSUKYONさん、こんばんは。
大和西大寺にはよく来られるのですか。駅もポイントの複雑な駅(特に奈良側)で鉄道好きには興味深い駅だと思います(^^)
西大寺も駅からすぐなので、ふらっと寄って一息入れるにはいい所だと思います。
撮った写真、こちらこそほめて頂き恐縮です(^^)

コメント、ありがとうございました。

この記事へのトラックバック