信州旅行に行ってきました(2)

2月15日
(2)では今回の旅行の一番の目的・地獄谷野猿公苑のニホンザル(スノーモンキー)、それに行きの長野駅から湯田中駅、帰りの湯田中駅から小布施駅までを紹介します

まずは長野電鉄長野駅でSNOW MONKEY PASS(スノーモンキーパス)を買いました。
このパスは長野電鉄の鉄道の乗車券と特急券、バス乗車券それに地獄谷野猿公苑の入苑料がセットになっています。それに小布施駅での途中下車もできました。
ちなみのこのパスは外国人向け商品なので英語で書かれれていますが、日本人も利用することが出来ます
画像


長野電鉄長野駅から湯田中に向かいます。

最初に須坂行き・普通に乗ります
画像

須坂駅で信州中野行き・特急に乗り換えです。
車両ですが、これ小田急のロマンスカーですね
画像

こういう車両に乗ると一番前に座りたくなります(^^)
画像

前面展望
画像

信州中野駅です。ここで湯田中行き・普通に乗り換えです
画像

湯田中駅です
画像

湯田中駅から上林温泉行きのバスに乗ります。
上林温泉のバス停で降りると、近くの案内板にスノーモンキーパークまで1.8キロと出てました。
最初はこのような道を歩きます
画像

しばらく歩くと・・・地獄谷野猿公苑入口です。しかし、まだ1.6キロ(約25分)歩きます(^^;)
画像

ここからは山道を進みます
画像

地獄谷温泉かな、ここまでくると野猿公苑の入口は目の前です。バス停から30分前後歩きました
画像

入口です。ここで入苑料を払うのですが私はスノーモンキーパスを持っているので見せるだけです
画像

温泉だけでなく河原にもおサルさんはいます
画像
画像


ここから温泉に入るおサルさんの写真です(^^)

気持ち良さそうにしています
画像

口は半開き、「あ~、極楽・ゴクラクだなあ・・・♪」って表情です
画像

「なんだかやりにくいなあ・・・」
画像

「アンタ、ちょっとこっち向いて!」と顔をグイっと
画像


他にもいろいろと・・・
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

お尻を突き出してお行儀が良くないおサルさん(笑)
画像

「おまえ、その恰好はダメだろう、見てみろ、人間に笑われているぞ」 
「わかったよ、もうしないよ」、と注意されたのかな・・・(笑)
画像


こちらには仲の良さそうな二人がいました
画像
画像

「わたしが毛繕いしてあげる」「あ~、気持ちいい~」
画像

「あれ、この人(猿)、気持ち良くて寝っちゃったみたい?」
画像

「つまらないの・・・」とどこかに行ってしまいました
画像

「あれ、どっか行っちゃったよ、気持ち良くて目を瞑っていただけなのに・・・」
画像

「まっ、いいか、温泉気持ちいいから寝ることにしようっと」
画像

別のおサルさんが近づいてきて、「もしもし、起きてる???」
画像
 
「だめだ、ホントに寝てるよ」と、このおサルさんもどこかに行ってしまいました
画像


この子ザル、直前に大人の猿に怒られていました。それで何か叫んでいます
画像

イジケてしまいました
画像


他にも温泉に浸かりすぎてノボせたようなおサルさんたち(^^)
画像
画像
画像
画像
画像

露天風呂から離れてパチリと
画像

露天風呂の周囲はこのような人だかりでした(^^;)
画像


湯田中駅に戻って小布施に向かいます。

長野行き・特急です。これ成田エクスプレスの車両ですね
画像

スノーモンキー号
画像

車窓から。雲がかかっている山は高社山、高井富士とも呼ばれています
画像

小布施駅で降ります。特急が発車していきました
画像

小布施駅です
画像


(3)に続きます。

(3)では小布施町・善光寺それに長野駅からの帰りの写真もいくつか紹介します。

この記事へのコメント

2018年02月20日 16:19
温泉に入ったサルちゃん達、バスタオルは無いのでしょうから、体振るって出て行っても、湯冷めしないのかなあ?濡れた体で、・・・・素朴な疑問なのです。
2018年02月20日 17:29
fujisanさん、こんにちは。

私も温泉に入ったおサルさん、湯冷めしないのか気にななっていました。
それで調べてみると・・・猿が湯冷めしないのは猿のように全身が毛に覆われた動物は汗腺が少なく、汗をあまりかかないために急激な体温変化が起きにくいからだそうです。それに猿の毛は油分が多いので体をブルブルと震わせれば多くの水分を弾き飛ばすので湯上りでも平気との事です。
おサルさんの体、便利に出来ていますね(^^)
2018年02月20日 17:55
こんばんは。

温泉につかるお猿さん、のんびりしていていいですね。

ボクも温泉に入りたいなぁ(笑)

観光客の多さにも驚きました\(^o^)/
2018年02月20日 18:27
露天風呂に浸かり、ホッコリする猿の姿を微笑ましく拝見しました。
露天風呂の周囲には人だかりができていてビックリでした。
ここを訪ねても、運悪く猿が入浴していないときもあるかも知れないですね。
うまくローテーションを組んで、入るように仕向けているのかなぁ。
2018年02月20日 18:43
スノーモンキーパスってのがあるんですね。
この時期は、お猿さん達は、超ビッグな観光資源ですもんね。(^^)

道中、小田急のロマンスカー!
そりゃー、一番前に行きたくなりますよね。(^^)

地獄谷野猿公苑入口までの道もアイスバーンのようですが、この後の山道も、野猿公苑へ入ってからも、雪で滑り易くなってたんとちゃいます?
以前、TVでやってた時、滑り易いので、アイゼン着用とか言われてましたが、外人さん達は、無視して、そのまま行き、滑って怪我をされる方が、よくいらっしゃると言ってました。

そして、イヨイヨ、温泉のお猿さん!
いやぁ~、ホンマ、気持良さそうで、可っ愛いい!(^^)
半開きの口…
地獄谷やけど、極楽、極楽って感じですね。(^^)
narayama2008さんの、猿語の通訳も面白い。
ナイスな通訳です。(^^)
まぁ、無防備な猿達!
無防備というより、ここのスタアですもんね。(^^)
寝てるお猿さん、叫んでるお猿さん、イジケたお猿さん…みんなナイスショットです。(^^)
そして、のぼせたお猿さん。
もう、顔が真っ赤!
って、お猿の顔は赤かったんや。(^^ゞ
それにしても、スゴイ人ですね~
ホンマ、もう、冬の風物詩や。
素晴らしいショットの数々、堪能させて頂きました。
2018年02月20日 19:56
kojiさん、こんばんは。

はい、おサルさん、気持ち良さそうに温泉に入っていました。(^^)
そうなんですよね。温泉に入っているおサルさんを見ていると、こちらも温泉に入りたくなるんですよね(笑)

この野猿公苑のおサルさん、スノーモンキーとして海外でも有名みたいで、観光客の半分以上が外国人のような感じでした。
2018年02月20日 20:02
トンキチさん、こんばんは。

はい、露天風呂に入って気持ち良さそうにしているおサルさんを見ていると、こちらも癒されます(^^)
私も露天風呂を囲む観光客を見た時は、本当にここは人気があるんだなあと思いました。
猿もいつも温泉に入っているわけではないようです。寒い時に入るみたいで暖かいと入らないみたいですね。
公苑の人が餌は与えているみたいですが、温泉に入るのは猿の自由のようです(^^)
2018年02月20日 20:34
yoppy702さんへ。

スノーモンキーパス、外国人向けなんですが鉄道・バス・公苑入園料が込みなので便利でした。特に途中下車する場合は普通に買うよりお得だと思います。

須坂では小田急のロマンスカー、一番前はいいですよね。まさに展望席でした。ホント童心に帰りますね(^^)
でも、どうせなら長野から湯田中までロマンスカーだともっと良かったのですが(^^;)

バスを降りてから野猿公苑まで、ほとんど雪道を歩きました。下りてくる人の足元を見ると滑り止めらしいものを付けていたので、ちょっと心配だったのですが道はアイスバーンというより圧雪路みたいで積もった雪の上を歩けば何とか大丈夫でした(^^)
でも、念のために滑り止めは合った方がいいと思います。
山道に入る所に売店があるのですが、そこでも滑り止めやスノーブーツの販売やレンタルがありました。

温泉に入ってるおサルさん、色んな表情をしていました。山登りに行った時にもニホンザルと遭遇することもありますが、おサルさんがこんなに表情豊かだとは思いませんでした。
口を半開きで気持ち良さそうにしている姿はここでしか見れないと思います(^^)

ここのおサルさんはスノーモンキーとして海外でも有名ですが、露天風呂を囲んだ観光客の半数以上は外国人だったと思います。
また、温泉に入るおサルさんを見に来たいと思いました
2018年02月21日 09:54
こんにちは。

SNOW MONKEY PASSってあるんですか。
かなり推してますね。
うわー!
こんなにいるんですね!
これは凄い!
テンション上がりますね!
めっちゃ行きたい!
2018年02月21日 10:40
トトパパさん、こんにちは。

SNOW MONKEY PASSは交通費と入苑料がセットになっているので便利ですよ。それに途中下車をすると更にお得だと思います(^^)
冬場は寒いので温泉に入るおサルさんが多いみたいです。それに足元をおサルさんが駆け抜けたりして可愛かったですよ
湯田中には温泉もたくさんありますので、ご家族で行かれても楽しめると思います(^^)

この記事へのトラックバック