EOS学園のEOS R体験講座 in 大阪

10月28日にEOS学園のEOS R体験講座 in 大阪に参加してきました。

この体験講座は27日と28日の午前と午後の計4回開かれて私が参加したのは28日の午後の部になります。

どの部も開催日直近には満席になったみたいですね。


場所は大阪・中之島の中之島フェスティバルタワーウエスト23階になります。
写真もいくらか撮りましたので紹介していきます。

午後の部は14時からで受付は30分前からなのですが、13時過ぎには現地に着いたので周辺で何枚かパチリと(^^)


※周辺の写真はEOS 7D Mark II で撮った写真になります(^^;)

このビルが中之島フェスティバルタワーウエストです。キヤノンのショールームやサービスセンターは1階にあります
画像

四ツ橋筋を挟んで中之島フェスティバルタワー
画像

2棟一緒に
画像

すぐ近くに三井住友銀行のビル。
銀行の名前は「三井」が先にきますが、このビルは「住友」が先ですね。
元は大正時代に住友財閥の経営統括本部ビルとして建てられたそうです。財閥解体後はGHQ司令部、住友銀行本店、そして今は三井住友銀行大阪営業部本店として使われています
画像
画像
画像

歩道
画像

橋は淀屋橋です。中央公会堂も見えてます
画像



周辺の写真はここまで、教室に移動です。

今回の講座ではEOS Rボディ、レンズがRF24-105mm F4L IS USM、マウントアダプター EF-EOS Rが参加者全員に貸し出されました。

最初に持った感じはというと私が使っているEOS 5D Mark ⅢやEOS 7D Mark II(以下、5DⅢ、7DⅡと書きます)と比べるとやはり小柄ですね。私は手が小さいほうなのでしっくりと馴染みます。ただボディとレンズを合わせて重さが計1キロを超えますのであまり軽いとは感じませんでした。
例えば登山ではオリンパスのOM-D E-M1と高倍率ズームを持って行く事がほとんどなのですが、それに代わって持って行く気になるかというとちょっと躊躇する重さに感じました(^^;)

講座は講師の方から基本的な使い方について30分前後レクチャーを受けて、後は近くの靭公園で実際に撮影です(^^)

ここからはEOS RとRF24-105mm F4L IS USM で撮った写真になります。
画像
画像
画像
画像
画像

レンズにはコントロールリングというのがあるのですが、これ良いですね。借りたカメラはISO感度に設定されていましたが、ファインダーを覗いてズームリングを操作するのと同じようにISO感度を変えることができます。
他にも露出補正等に設定することもできます。
EFレンズにもコントロールリング付きのマウントアダプターがあるので、それを使えば同じように操作できるそうなので、EFレンズを使う場合はコントロールリング付きアダプターがおススメだと思います(^^)

それにEOS Rは5DⅢや7DⅡよりもいろいろ自分なりにカスタマイズが出来るので、使い慣れてくると便利だと思います。
画像
画像
画像
画像
画像


マウントアダプターも借りられたので持参したEF70-300mm F4-5.6 IS II USMを装着して撮ってみました。今回借りたアダプターはコントロールリング付きではなかったのがちょっと残念・・・
EFレンズを付けてもAF速度が遅いとか迷うとかはなかったです。
画像
画像
画像
画像


撮影時間は30分前後でしたが気に入った点を自分なりに書きますと・・・

・ボディが小柄、持ちやすい。
・バッテリーが5DⅢや7DⅡと共通
・クロップ撮影ができる。EF-Sレンズを付けると自動的に1、6倍、EFレンズでも設定から変更できます。もっともクロップ撮影だと画素数は大きく落ちますが、私のようにブログアップ程度やプリントしてもせいぜいL版ぐらいだと特に気にならないかなと・・・(笑)

気になる点

・カードスロットがダブルスロットではない。ボディのみで20万以上するカメラですからダブルで出してほしかったなあ。
・連写速度。ワンショットAFだと最高8.0コマ/秒なんですがサーボAF時は落ちるようです。カタログには「連続撮影速度は低下する」としかなくて、秒何コマに落ちるかは書いてないのですがネットで調べると5.0コマ/秒になるようです。
クロップ撮影時はサーボAFでも6.0コマ/秒や7.0コマ/秒で撮れたらよかった。


このカメラ、レンズの大きさを考えると基本的にはファインダーを覗いて撮るカメラなんだろうなと思います。ミラーレスなので5DⅢのような光学ファインダーではなくEVFですが特に違和感は感じませんでした。
ただ、水準器をファインダー表示にするとそれが目立ちすぎるように感じました。もうちょっと控えめな表示の方が見易いかと・・・実際、撮っているうちにファインダー内の水準器が気になってOFFにしました。


それで、このカメラを購入するかどうかというと、フルサイズのカメラは5DⅢが結構気に入っているので(先日、安心メンテに出したばかりだし・・・)当面は購入は見合わせとなると思います(^^;)

そして最後は頂いたお土産・・・(^^)
画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 231

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2018年10月31日 13:09
こんにちは。

EOS R体験講座ですか。
カメラの体験講座は行ったことがないです。
楽しそうですね。
2018年10月31日 14:16
トトパパさん、こんにちは。

カメラの体験講座、実際にカメラとレンズを貸してくれて、更に撮影でも出来るので行ってみると結構楽しいです
キヤノンだけでなく各メーカーも新しいカメラを発売すると、このようなイベントを開催したりするので興味のあるカメラが発売されたら参加されてみては如何でしょうか(^^)
2018年10月31日 15:52
私もキャノンの5Dから今の5DMarkⅣまで一貫してそろえ、純正カメラもそれに有ったものを使っていますので、いまさらミラーレスは何のですよね、ただ、私も山登りなどの時は、5D系にタムロンの28-300などを付けて身軽に歩くようにしているのですね、なかなか、思うようなカメラは無いのですね、ソニー系のαシリーズ方が最近のカメラマンには好評のようです。
2018年10月31日 17:03
fujisanさん、こんにちは。

5Dから5DⅣまで使ってこられたのですね。初代から見ると4代目の5DⅣは熟成したカメラと言えるかもしれませんね。
一方、キヤノンのフルサイズミラーレスはこれからですから、買われたユーザーから長所短所が指摘されて次期モデルに反映されていくのでしょうね。そう考えるとミラーレスに今すぐ移るのはちょっと冒険という感じになりそうですね。

ソニーのαシリーズは人気があるみたいですね。モデル撮影会でもαシリーズを使っている人は良く見かけます。今のαⅢは3代目なので短所等が解消された使いやすいモデルになっているんでしょうね。
2018年11月01日 11:34
おはようございます。
昔、現在の三井住友銀行ビルの隣の現在の三井住友ビル(?)に勤務したことがあり懐かしく拝見しました。
2018年11月01日 17:12
tamachanさん、こんにちは。

中之島周辺でお仕事されていたんですね。この辺りはこれから黄葉が見頃になって、そしてイルミネーションに彩られてきます(^^)
懐かしんで頂き幸いです
2018年11月03日 01:28
こんばんは。

私のブログのトップページのリンク集に、このブログのリンクをさせてもらってもいいでしょうか。
2018年11月03日 08:32
トトパパさん、おはようございます。

リンク集の件、OKです。了解しました。
よろしくお願いします
2018年11月03日 12:11
体験講座って行った事ないんです。(^^ゞ
narayama2008さんは、Canonさんの上得意やから招待状が来たんとちゃいます?(^^)
中之島フェスティバルタワーウエスト23階ですか…
上ってみたい。(^^ゞ
この辺りは、大阪光の饗宴のウエスト地区なので、素適な建物も多いですね。

講座の後の靱公園での撮影は、受講者全員で、講師の方も撮影指導をされてたんですか?
コントロールリングというのが興味がありますね。
これでISO感度の設定が出来るという事は、確認しながら設定ができますね。
この設定は、無段階ですか?
カードスロットルがダブルというのは、RAWで撮られるからなんでしょうね。
ボクなんて、コンデジで、JPEG、10M程度で撮ってるだけなので、まるっきり縁の無い世界です。(^^ゞ
使い終わった感想…
さすがや。
でも、現在お持ちのカメラが気に入られてるので購入は見合わせ。
メンテも、ちゃんされてるし、この前は、健康診断にも出されてるので、その方がイイですね。
でも、ミラーレスって、なんか、メインというよりサブのイメージががあるので、その内に購入なさってるかもしれませんよ。
と言いながら、ボクなんて、ミラーレスだけで撮ってる事もありますけど。(^^ゞ
2018年11月03日 15:41
yoppy702さんへ。

体験講座は行ってみると結構面白いですよ(^^)
一応、キヤノンフォトサークルの会員なのでメールや郵便物が送られてきます。体験講座はEOS学園というところが行うので会員でなくても参加できます。

EOS学園が梅田にあったときはエレベーターホールや休憩室から梅田スカイビルなど梅田の風景が眺められたのですが、今回は23階でしたがエレベーターホールは建物の内側にあるみたいで外を眺める事は出来ず、講座の部屋もブラインドが下ろしてあって眺める事が出来ませんでした(´・ω・`)

靭公園での撮影では講師の方やキヤノンのスタッフが使い方等について教えてくれました(^^)
コントロールリングによるISO感度の変更はファインダーから目を離さずに出来るので便利でした。
設定はやはり無段階ではなくて100→200→400といった感じになります。
ダブルスロットはこの価格帯のカメラだと欲しい装備です。それに撮影会ではRAWで撮ることが多いのでダブルだと有難いです。

はい、購入は当面は見合わせです。5DⅢを先日メンテに出したばかりですし・・・(^^;)
ミラーレスは軽いのがいいんですけど、3000万画素のカメラなのでレンズは結構重いんですよね。
これからはカメラメーカーもミラーレスに力を入れるみたいですね。数年後にはミラーレスがメイン、今の一眼レフがサブになってるかも知れませんね。
2018年11月04日 00:18
こんばんは。

リンクの件、ありがとうございます。
2018年11月04日 07:55
トトパパさん、おはようございます。

こちらこそ、これからもよろしくお願いします
2018年11月05日 22:43
こんばんは、いつもご訪問ありがとうございます(笑顔
確か、Rボディというのはミラーレスですね、、。
キャノンもニコンも、このミラーレスという狭いマーケットに注力するのは、本業のフルサイズ一眼が思うように売れないからでしょうね、、。
私は30歳代はキャノンとオリンパスのフィルム一眼でしたが、50歳代からはオリンパスのフォーサーズミラーレスのみです、、。
主に、OLYMPUS OM-D E-M5 MarkⅡ
M.ZUIKO Digital ED14-150mm F4.0-5.6 MSC
M.ZUIKO Digital ED9-18mm F4.0-5.6
接写するときは、アダプターを介して、 OM-SYSTEM ZUIKO AUTO-MACRO 50mm F2 90mm F2
と言った感じです、、。
もう重たいカメラには戻れません(苦笑
2018年11月05日 23:56
OTSUKYONさん、こんばんは。

はい、Rボディはミラーレスですね。ニコン・キヤノンと2大メーカーが立て続けに新モデルを発売、きっとソニーのαシリーズが好評の影響もあるのだと思います。実際、モデル撮影会に行ってもソニー機で撮ってる人、多いです。瞳AFなんてミラーレスならではの機能なんでしょうね。
OTSUKYONさんはオリンパスのフォーサーズミラーレスのみなんですね。確かに軽いのは良いですね。私も登山等ではオリンパス機を持ち出すことがほとんどです。
一方、今までの一眼レフもやはり魅力があるので迷います。当面は両方を使い続ける事になると思います(^^;)

もっともデジタル一眼が出るとフィルム一眼がどんどん減っていたように、今度は今までの一眼レフがミラーレスに取って代わられる時が来るかも知れませんね。
2018年11月11日 15:06
EOS-R、さっそく試されたんですね。
キャノンもニコンもフルサイズ・ミラーレスに参入して、いよいよ戦国時代に突入といった感じですね。
今までは僕の使っているSONYのα7の独壇場だったんですけれど・・・。
近い将来、一眼レフはなくなるんですかね。
ミラーレスにしては重く感じられましたか。
たしかにデザインを見ていると、ちょっと大きそうに感じますね。
SONYがけっこうデザインを割り切っているのに対して、キャノンは一眼レフのデザインをある程度踏襲している感じはしますね。
2018年11月11日 17:15
家ニスタさん、こんにちは。

はい、EOS-Rの体験講座に行ってきました。キヤノン・ニコンという2大メーカーがフルサイズミラーレスに進出ですから興味津々です(^^)
ソニーのα7シリーズが人気なのでキヤノン・ニコンも参入したのでしょうね。
フィルム一眼レフがデジタル一眼レフに取って代わられましたが、今度はそのデジタル一眼レフがミラーレスに追いやられるようになるとは思わなかったです。それでも趣味性の高いカメラとして一眼レフは残って行くかも知れませんね。

EOS-Rはボディは重くは感じないのですが、レンズを付けると優に1キロを超えるので軽いという感じはなかったです。特に登山の時はいつも首からカメラをかけて歩くので、1キロ越えのカメラを首からかけて歩くのはなかなかシンドイです(^^;)

EOS-R、今までのEOSらしさを残していますね。大きく変えるとキヤノンユーザーにそっぽを向かれる可能性もあるので今までのデザインを踏襲したのでしょうね。

この記事へのトラックバック