鳥取・大山登山

6月19日に鳥取県の大山に登ってきました。

大山は標高が1,729mで中国地方の最高峰になります。
現在は最高峰の剣が峰までは崩落があって通行禁止、それで第二峰の弥山(1,709m)が頂上となっています。


関西からの大山登山のツアーを見ると日帰りのツアーが多いんですよね。それで「日帰りでも行けるんだなあと」思いまして私も日帰りで行く事にしました(^^)


5時54分、自宅を車で出発、

9時28分、近畿・中国・米子道と走って登山口近くの駐車場に到着。登山の準備を済まして、
9時48分、夏山登山口を出発。今回は夏山登山道の往復です。
画像

大山頂上の案内に従って左へ
画像

歩き始めはこのような石段です
画像

9時55分、大山頂上まで2,8km (`・ω・´)
画像

お地蔵様
画像

登山道です
画像

10時04分、大山一合目の道標を通過。一合目から九合目まで道標があって、自分がどの区間を歩いているのかわかりやすいです(^^)
画像

10時08分、標高900mの道標を通過。100m毎に標高の道標もあります
画像

ブナ林が広がってます
画像

10時19分、標高1000m地点を通過
画像

登山道。結構段差があったりします(^^;)
画像
画像

それに急登が続きます(^^;)
画像

10時50分、標高1200m地点を通過
画像

開けた所があったのでパチリと。
画像

10時57分、五合目を通過
画像

途中で見かけた花
画像
画像

11時00分、行者谷分かれに到着。頂上まで1.4kmです
画像

11時13分、大山六合目に到着。六合目には避難小屋もあって休憩できるそうなんですが、今は工事中で立ち入り禁止でした
画像

お天気は曇りですね。それに蒸し暑くて汗びっしょりでした
画像

11時24分、標高1400m地点通過
画像

大山北壁ですね。稜線はガスってます
画像

見かけた花
画像

11時32分、いつの間にか高い木は見られなくなりました
画像

12時01分、大山八合目通過
画像

植生保護の為なんでしょうね、木道を歩きます
画像

条件が良いと絶景が広がっているんでしょうけど・・・
画像

標高1600m地点通過。斜面にピンクの小さい花がたくさん咲いているんですがイワカガミですね
画像
画像

他の花も
画像

緑が濃いです(^^)
画像

大山頂上まで0.5km
画像

頂上が近づいてくるとずっと木道を歩きます
画像

12時14分、大山九合目通過
画像

せめてガスが取れたらなあと思いました
画像
画像

12時20分、大山頂上まで0.2km・・・そして
画像

12時25分、大山頂上です
画像

頂上から。あちらが剣が峰方面でしょうね
画像

頂上からは日本海も見えるらしいのですが、この日はガスっていて見えませんでした(´・ω・`)
それに歩いている時は蒸し暑くて半袖のTシャツ1枚だったのですが、休憩している時に風が吹くと寒くて防寒着を着ました。
やはり標高1700mは下とは違います(^^;)

12時43分、下山開始。下山ではストックを使って歩きました。建物は大山頂上避難小屋です
画像

木道が続いています
画像

セミ君です。セミは真夏の昆虫だと思っていましたが、このように標高の高い、それにまだ寒さを感じるところにもいるんですね
このセミはエゾハルゼミというセミです。つばさ2号さんに教えて頂きました。ありがとうございました(^^)
画像

ちょっと下が見えたのでパチリと
画像

大山北壁。上がってくる時よりはすっきりと見えていました
画像

13時44分、行者谷分かれ通過
画像

14時37分、大山一合目通過
画像

一合目付近で見かけた花
画像

14時51分、夏山登山口に到着
画像

14時54分、登山口近くの駐車場です
画像


後は、お風呂に入って帰ろうと思ったのですが、この近くの立ち寄り湯があいにく休館日・・・
それでインフォメーションセンターで車で20分ぐらい行ったところにある立ち寄り湯を教えてもらって、そちらに寄って帰りました。

今回、車の走行距離が久しぶりに往復で500キロを超えました。
ほとんど高速走行でしたが山に登って下りて、更に1日で往復500キロ超の運転はさすがに疲れました・・・(苦笑)

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 234

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
かわいい かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年06月21日 06:36
20代後半に、雨の中職場の仲間で登りましたが、次の泊まるギボシ山荘に行くバスの最終に間に合わなくなって、頂上まで、登れなかったという思いで深い山です。
2019年06月21日 08:16
第5の男さん、おはようございます。

20代後半の時に雨の中を登られたんですね。雨の中の登山はキツかったのではないでしょうか。私は今回雨降りだったら恐らく途中で撤退したと思います(^^;)

第5の男さんは山荘に行くバスの関係で途中で引き返されたんですね。大山登山、事前はもう少しラクに登れるかと思っていたのですが、思っていたよりキツかったです。
2019年06月21日 08:43
こんにちは。

大山ですか。
いいですね。
大山は美しい山ですよね。
大好きです。
私もよく行きますよ。
緑の道、いいですね。
めっちゃ癒されそうですね。
2019年06月21日 09:26
トトパパさん、こんにちは。

はい、大山に行ってきました。
大山は日本百名山の一つ、美しい山ですよね(^^)
トトパパさんも良く行かれるんですね。麓でも標高が高くて都会よりは涼しい所ですね。
歩き始めはブナ林の中を行きます。ちょっと蒸し暑さも感じましたが、森林浴気分も味わえる良い道ですね
2019年06月21日 10:54
往復、車の運転をして、大山に登られるってイスゴイ。
ボクは、車を運転して登山に行ったのは、一回だけです。
しかも、行ったのは、倶留尊山なんで、曽爾高原から、ちょこっと歩いた程度です。(^^ゞ
行きは良いのですが、帰りが眠くなっちゃうので、それで、ツアーが多かったんです。
車は、殆ど乗らないので、昨夏に廃車しましたし、ツアーの方も、最近はご無沙汰してますので、山といえば、近場の交通の便の良い山ばかりです。

大山は、登った事が無いんです。
ツアーを利用していた時に行こうと思ってたんですが、あの辺りでは、蒜山三山を登った程度なので、機会があれば、是非、登りたい山ですね。

八合目を過ぎてからは木道歩きなんですね。
これだけの木道を作るのは大変やなぁ…
まぁ、上高地の右岸は、もっと大変やろなぁ。
尾瀬は、もっともっと大変ですけど。(^^ゞ

下山時、北壁がハッキリ見えて良かったですね。
スゴイ景観や。
下山後も、お風呂に入れてサッパリ。
長距離運転の日帰り登山、お疲れ様でした。(^^)
2019年06月21日 11:53
yoppy702さん、こんにちは。

はい、日帰りなので車で行ってきました(^^)
車ですと下山後の着替えとかを車中に置いておけるので車で出かけることも多いです。
本当は2時間半ぐらいで登山口に着くのかなあと思っていたのですが、意外と時間が掛かりました・・・結構遠かったです(^^;)
yoppy702さんは車で行かれたのは1回だけなんですね。確かに車だと行きは良いですが、帰りは眠くなったりしますよね。私も眠くなってSAや道の駅などで仮眠を取る事がよくあります。
ツアーだとその点はバスが運んでくれるのでラクですね。
大山周辺も公共交通機関利用で日帰りが出来ればいいのですが、なかなか難しいですね。

私も大山は初めて登りました。遠くから見ると富士山のように見えたりして美しい山ですね。
yoppy702さんは蒜山三山を登られたんですね。
大山は紅葉の頃が良いかも知れません(^^)

はい、八合目を過ぎると植生保護のために木道歩きが多くなって、頂上周辺はずっと木道歩きでした。
確かに標高が1500mを超える山で木道整備は、きっと人力に頼る部分が多いと思いますので大変だと思います。
尾瀬はまだ行った事がないのですが、もっと大変そうなんですか。自然保護、大切ですが大変な努力が必要ですね。

登山中は終始、ガスが出ていて楽しみにしていた頂上からの日本海とかは見れなかったのですが、下山時に北壁がきれいに見れました。やはり崩落がすごいですね

汗びっしょりだったので、帰りはお風呂に入ってサッパリして帰りました(^^)
さすがに1日で往復500キロを超える運転はキツいので、今度は宿泊の予定で出かけたいと思いました。
tor
2019年06月21日 19:23
往復500キロの日帰り
大山登山お疲れさまでした。
私はもう強行マイカー登山は厳しくなりました。
大山も数年前計画したのですが
仕事で断念しました。
遠出の登山は天候の当たり外れがありますね。
前日天気予報で確認していても
やまの天気はわかりませんね。
少しでも霧がきれて良かったですね。
2019年06月21日 20:58
torさん、こんばんは。

久々の1日で往復500キロの運転、それに山の上り下りもありましたので、さすがに疲れますね。次に行く時はどこかで泊まろうかと思います・・・(苦笑)
マイカー登山ですと下山後の着替えとかは持ち歩かなくていいし、それにバスや電車の時間を気にする事もなく歩けますが、長距離となると運転、特に帰りは結構シンドイですね。

torさんも大山登山を計画されたことがあるんですね。九州からですと周辺で前泊が必要でしょうし、それにお仕事とお天気の兼ね合いもあるので、なかなか良いタイミングというのは難しいかも知れませんね。

大山は今年は登ろうと狙っていたんですが、なかなか行けるタイミングがなくてこの日となりました。天気予報は「曇り時々晴れ」でしたので、思い切って出かけました。
ガスで眺望はあまり望めませんでしたが、雨が降らなかったのは良かったと思います(^^)
下山時は少しガスも取れて北壁の様子も見ることが出来ました。崩落がすごいですね。
2019年06月21日 23:58
マイカーで行くと往復自分で運転しないといけないので、ちょっと大変ですよね。
京都からだと、吹田ジャンクションが混むので時間が図れず
日帰りは諦めて一泊します。
1日目、運良く混まずに行けたら登りますし、到着時間が遅くなれば、翌日登り帰って来ます。
私も下山後は、お休みだったお風呂に入ってきますよ。
7,8合目が一番きついと思います。
でも、私は大山大好きで、今年も山開き神事に行こうかと思っていたくらいです。結局行きませんでしたが。
羨ましいなぁ。
次回は、ぜひ行者谷の分かれから谷に降りて
大山の壁をぜひご覧になってください。
お疲れ様でした。
2019年06月22日 08:43
biore-mamaさん、おはようございます。

車だと往復で500キロを超えました(^^;)
大山への登山ツアーだと日帰りが多いですが、ツアーだと運転はしなくていいですもんね。
京都からだと吹田ジャンクション付近は渋滞の迷所?渋滞に遭うと更に疲れますから、一泊されるのが正解ですね。
宿泊なら翌日に朝早く登るのがいいかも知れませんね。
私も次は泊りで行きたいと思いました(^^)

大山は初めて登ったのですが、実はもうちょっとラクに登れるかと思っていましたが、8合目付近まで平坦な所があまりなく予想よりキツかったです・・・もし、雨降りだったら途中で引き返したかも知れません(^^;)

biore-mamaさんは大山には何度か登られているんですね。今回、大山に登るに関してbiore-mamaさんのブログを参考にさせて頂きました(^^)
大山も山開き神事も行われるんですね。神事が済むと登山シーズンという事なんでしょうね。
行者別れのコースは下山時に歩こうかと思ったのですが、登山スタートが遅かったので歩くのは諦めたんです。次は前泊して早く出発して歩きたいと思います。大山の壁、ぜひ見たいです(^^)
つばさ2号
2019年06月23日 14:14
こんにちは 良い所へたくさん行かれますね!
もう40年近く前、登山はしませんが行きました。
多少山中を見て歩いた記憶があります。
弓ヶ浜の眺めは雄大でした。

かなりいい森のようですね! 私は虫ばかり
探しそうです^^。
セミはエゾハルゼミ、5月から出る初夏の
セミでミョーキンミョーキンと面白い声で
鳴きます。
2019年06月23日 17:16
つばさ2号さん、こんにちは。

はい、時間の合間を見つけてあちらこちらと出かけています。
つばさ2号さんも大山に行かれたことがあるんですね。弓ヶ浜まで見えたんですね。良かったですね。私も見たかったですがガスっていて見えませんでした(^^;)

ブナ林が広がっていていい所でした。森林浴にもぴったり、つばさ2号さんなら虫を探しそうなところです(^^)
セミはエゾハルゼミというセミなんですね。このような標高の高い涼しい所にもいるんですね。
教えて頂きありがとうございました
2019年06月24日 07:21
おはようございます!

ご自分で往復運転しての日帰り登山はすごいです。尊敬します!

標高1700mですか?
それもすごい。

晴れたらもっときれいなのでしょうね。

お疲れさまでした。
2019年06月24日 09:07
kojiさん、おはようございます。

はい、久々の往復500キロの運転、さすがに疲れました(苦笑)
運転だけならまだマシなんですが、更に登山も加わると思っていたより大変で、次に行く時はどこかで泊まろうかと思います(^^)

やはり1700mの頂上付近は風が吹くと寒くて下とは違いました。
はい、晴れると日本海とかも見えるんですよ。出来れば私もそれを期待していたのですが、今回はガスっていて見えませんでした。また次回ですね
2019年06月25日 21:31
大山に登るのに、単独で日帰りでしたか!
しかも、ご自宅から車で!
凄い実行力と、行動力です。
道標もしっかりしていて、ルートの整備も施されています。
ただ階段が多いです~^^。
大山北壁の白い部分は残雪?それとも山肌ですか?
標高があるので、6月19日にイワカガミが見られていいですね。

半袖のTシャツ1枚から登って~、
山頂では防寒着ですか!
標高1700mだと10度以上は違うでしょうけど、その表現だと気温差は20度?
ガスっていたのは残念でしたが、達成感が味わえたものと思います。
お疲れ様でした。
2019年06月25日 22:55
アルクノさん、こんばんは。

はい、車利用の日帰りで大山に登ってきました
実際、信州等へ行く時は車で出かけることも多いので、運転自体はそれほど苦にはならないのですが、山に登って下りてが加わるとさすがに疲れました(苦笑)
大山には初めて登ったのですが、正直登る前はもうちょっとラクかなあなんて思っていたのですが、甘かったです、階段が続いて結構キツかったです(^^;)

大山北壁の白い部分は山肌ですね。崩落が激しいみたいです。
イワカガミはピンクの可愛い花ですよね。癒されました(^^)

山頂は風が吹くとやはり寒かったです。
よく言われるのは標高が100m上がると0.6度下がる、風速が1mだと体感気温は1度下がるといいます。
それに頂上に着いた時は汗びっしょりだったんです。一応、速乾性のTシャツは着ていたのですが、それでは追いつかないくらい汗をかいていたので、風が吹くと体が一気に冷えて余計に寒さを感じたのだと思います(^^;)
やはりあまり汗をかかないペースで歩くのがいいみたいです。

頂上からは日本海とかも見えるとの事だったのですが、今回はガスっていて見えませんでしたが、やはり頂上まで来ると達成感はありますね(^^)

次はどこかで泊まる予定で来たいと思いました。
2019年06月26日 21:13
3年前の5月30日(月)に登りましたので懐かしく拝見しました。
イワカガミがたくさん咲いていました。
下りは行者登山道から大山寺でした。
長距離運転お疲れさまでした。
2019年06月26日 22:33
かっちゃんさん、こんばんは。

3年前に大山に登られたんですね。ブログ、見せて頂きました。
イワカガミ、ピンクの可愛い花でたくさん咲いていましたね。可愛い花を見かけると癒されます(^^)
行者登山道は計画の段階では歩こうかと思っていたのですが、スタートが遅かったので通らずでした。次に歩くときは前泊して早くスタートして行者登山道コースを歩いてみたいと思います。
やはり一日で山に登って下りて、プラス往復500キロの運転はさすがに疲れました(苦笑)
2019年06月27日 13:25
今回も、お疲れさまでした。
でも、頂上まで行かれて達成感ありですね。
ガスは残念だったでしょうが、リベンジの
楽しみも出来たのではないでしょうか(^^♪

登山道は整備されているようでも、結構
階段が多かったり、楽では無さそうです。
下から眺める分には、なだらかなんですがね。

2019年06月27日 15:34
つばささん、こんにちは。

蒸し暑さも感じる中での登山でしたが、なんとか頂上まで行くことが出来ました(^^)
ただ頂上は標高が1700m、風が吹くと寒かったです。
晴れていれば日本海も望めたのですが、今回はガスっていて見えませんでした。また次回ですね(^^)

登山道は途中の道標も整備されているのですが、階段が続くので思っていたよりはキツかったです。
大山は伯耆冨士とも呼ばれて美しい山で下から眺めるにも良い山ですね。
2019年06月29日 23:10
大山って、歴史、花、風景がいい揃いが味わえます。
2019年06月30日 00:18
sisiさん、こんばんは。

大山は古くから大山信仰があって、多くの信者が昔から登られている山なんですね。
花も可愛い花も見れました(^^)
風景はちょうどガスっていたので展望は良くなかったのですが、晴れると素晴らしい眺めが見れるみたいですね。
2019年07月01日 18:03
こんにちは、いつもありがとうございます。
3時間弱でそれも写真を撮りながら登頂できるのには驚きました。
まるで私が行ったように順を追って写真が道案内してくれるようで、楽しませていただきました(笑顔
でも、往復で500キロはちょっと足腰にこたえますね、老人には無理でしょう。
今日で気持ち玉はオシマイですね、いつも沢山頂だいしてありがとうございました。
これからはショートコメントを残すようにしますので、今後もよろしくお願いします(オジギ
2019年07月01日 19:26
OTSUKYONさん、こんばんは。

山の様々な写真を撮りたくて山に登っているようなものなので、登山中に道標や目印、お花や展望が開けた所や印象深い所があれば撮るようにしています(^^)
大山の頂上への標準所要時間は3時間なのですが、自分のペースで歩くのが一番です。

今はデジカメで撮影時間が記録されるので、後で資料として見るのも便利になりましたね(^^)

はい、車の運転は好きな方でして単純に運転のみなら500キロでも大丈夫だと思うのですが、そこに登山が加わるとさすがに疲れました(苦笑)

気持ち玉、リニューアル後も使えるようになるとの事です
リニューアル直後は使えないとの事ですが、1~2か月後には再開の予定だそうです。
詳しくは「事務局からのお知らせ」をご覧ください。

気持ち玉がなくなるとウェブリブログも味気ないブログになるなあと思っていたのですが、継続が決まってホッとしています(^^)

こちらこそ、今後もよろしくお願いいたします。

この記事へのトラックバック