新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳登山(1)

7月31日から8月3日にかけて岐阜県の新穂高温泉をスタートして北アルプスの双六岳三俣蓮華岳に登ってきました。
この山域はまだ行った事がなかったので去年も行きたいなあと思っていたのですが、台風等の天候不順で見送り、それで梅雨が明けたこの時期に出かけてきました。

日程は、
7月31日は自宅を車で出発して高山市内のホテルで宿泊。
8月1日は新穂高温泉から鏡平山荘まで。
8月2日は鏡平山荘から双六小屋へ。そこから稜線を歩いて双六岳と三俣蓮華岳へ。三俣蓮華岳からは巻道コース経由で再び双六小屋へ。
8月3日は双六小屋から新穂高温泉へ下山です。

写真もたくさん撮ってきましたので4回に分けて紹介していきます。
(1)新穂高温泉から鏡平山荘到着まで。
(2)鏡平山荘から双六小屋まで。
(3)双六小屋から稜線コースで双六岳・三俣蓮華岳、巻道コースで双六小屋まで
(4)双六小屋から新穂高温泉へ下山。
といった感じになると思います。

また、リニューアル後のウェブリブログさん、2万文字制限がなくなったので今回はアップ予定の写真を全部載せて行こうと思います。という事で長くなると思います・・・


(1)では鏡平山荘到着までを紹介します。

7月31日(水)
12時前に車で出発、この日は高山市内のホテルに泊まりました。

8月1日(木)
新穂高温泉スタートなので車で新穂高温泉に来るのが一番いいのですが、登山者用の無料駐車場がシーズン中はほぼ満車だという事なんですね。駐車場を探してウロウロするのも嫌なので平湯温泉のあかんだな駐車場に車を置いて、平湯温泉7時発の路線バスで新穂高温泉に移動することにしました。

8時00分、新穂高温泉の登山指導センターを出発ですP8010001.JPG

今回の行程です。黄色の線が歩いたルートです。
IMG_20190804_0002a.JPG


指導センターの横の橋から山をパチリと。晴れていますねP8010003.JPG

8時10分、ゲート通過P8010008.JPG

しばらくは林道を歩きます
P8010010.JPG


アジサイですねP8010012.JPG
このような花もP8010014.JPG

結構暑いので日陰の所を選んで歩きますP8010015.JPG

山をパチリと
P8010016.JPG

先が白くなっていますが、風穴からの冷気なんですね。そこを通ると涼しくて気持ちいいですP8010017.JPG   P8010018.JPG

う~ん、特に橋が傾いているとは感じなかったんですけどね・・・P8010019.JPG

とにかく暑くて日陰のない所を歩くのはつらいですP8010020.JPG

9時00分、笠新道分岐を通過P8010021.JPG

9時11分、わさび平小屋到着P8010022.JPG

わさび平小屋で20分前後休憩して出発。まだ林道を歩きます
P8010023.JPG

お花ですP8010024.JPG

標高の低いこのあたりでもまだ残雪がありましたP8010025.JPG

日陰が恋しいと思いながら歩きました(苦笑)P8010026.JPG

9時52分、小池新道登山口です。林道歩きもここまでですP8010027.JPG

道も細くなりました。でも暑い・・・
P8010030.JPG


水がきれいですP8010031.JPG

この小池新道、登山道自体は整備されていて歩きやすいのですが、日差しを遮るものがないので、まさに夏の太陽を背負って歩いているような感じです。なので暑さに参ってしまい・・・
10時22分、ここで休憩ですP8010033.JPG

15分前後休憩して、ここからはストックを使って歩きます。

途中の景色ですP8010034.JPGP8010036.JPG

登山者が休んでいる所が秩父沢ですねP8010037.JPG

お花もP8010038.JPG

10時59分、秩父沢到着P8010039.JPG

ここの沢水、飲めるんですね。それでぬるくなった水を捨てて入れ替えました
P8010040.JPG
P8010042.JPG

15分前後休憩して出発です。

登山道ですP8010043.JPG

蝶を見かけましたP8010044.JPG

11時31分、チボ岩を通過P8010045.JPG

小池新道の入口あたりが見えていますP8010047.JPG
アップでP8010049.JPG

11時55分、イタドリヶ原を通過P8010052.JPG

登山道ですP8010053.JPG

登山道で見かけた花を2枚P8010055.JPGP8010056.JPG
山の上の方はガスっていますP8010057.JPG

再び花ですP8010058.JPG
これはゴゼンタチバナですねP8010061.JPG

13時28分、木道が出てきました。「クマの踊り場」という所ですP8010062.JPGP8010063.JPG

13時31分、鏡平まで500m地点を通過P8010065.JPG

お花を3枚アップ
P8010066.JPG
P8010068.JPG
クルマユリですね
P8010069.JPG


13時45分、鏡平山荘まであと5分P8010070.JPG

コバイケイソウです。この花は三俣蓮華岳からの巻道コースを歩いた時に大群落といっていいくらい咲いていましたP8010071.JPG

13時53分、鏡池に到着。
ここからは槍・穂高が見えてそれが池に映って見れるのですが、今日は見えませんでしたP8010075.JPGP8010077.JPG

13時56分、目的地の鏡平山荘に到着です。
新穂高温泉から約6時間の行程でしたP8010078.JPG

この時期は梅雨も明けて夏山シーズン真っただ中ですので、果たして寝床はどのような感じなのかちょっと心配していたのですが、指定された寝床はこちらのベッド部屋で二段ベッドの一つを一人で使わせてもらいました
DSC_0061.JPG

もう十分すぎるスペースですP8010080.JPG
ちなみに布団1枚に枕が2個の部屋もありましたP8010082.JPG

この日は特に空いているわけでもなく、従業員さんに聞くと夕食は4回転だったそうです。一度に食事できる人数が40人、それで4回転なので160人、小屋の定員は120人と言っておられたので混んでいたことになります。
ただ、宿泊の予約があって早く到着した場合、このような配慮をすることもあるんですよとの事でした。
山小屋は予約がなくても泊まれますが、予約しておいた方がイイって事ですね(^^)

この鏡平山荘の名物が幟にもあったように「かき氷」。それで注文しました。火照った体に冷たいかき氷は特に美味しいですP8010083.JPG

小屋前の池ですP8010086.JPG

夕食は私は16時30分からでしたDSC_0060.JPG

(2)に続きます。
(2)では鏡平山荘から双六小屋までを紹介します。途中の「花見平」ではライチョウの親子を見ることが出来ました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

なるほど(納得、参考になった、ヘー)

この記事へのコメント

2019年08月05日 16:28
稜線が着っ栗見えて影が色濃いことで暑さがわかりましたよ。
風はなかったのですか?
昔、山小屋に泊まるときは早めに到着していましたが あとからくる登山客が多くなると敷布団2枚で3人 なんてことが普通だと思っていました。
予約は やっておくべきなのですね・・・もういけないですけど
いかに早く眠りつけるかが翌日に物を言いますが いかがでしたか?
2019年08月05日 17:06
こんにちは。
天気は上々のようですね!
けっこう歩きでのあるコース、花も豊富、夏山満喫!
続編を楽しみにしております。

ところで、このコース降りにしか使ったことが無く、三俣山荘か黒部五郎小屋からの降りでした・・・長いな~と思っていました、登りは大変そうですね。
2019年08月05日 18:14
こんにちは。

夏山登山、いいですね。

でもこちらの想像よりも暑そうですね。
宿泊した山小屋で何℃くらいなんでしょう?

160人で4回転には驚きました。
山小屋で働く人も大変ですね。
2019年08月05日 18:40
ψ(`∇´)ψナイス!(^^)!
「気持玉」代わりの足跡です。
narayama2008
2019年08月05日 19:42
コマダムさん、こんばんは。

新穂高温泉は標高は1000mは超えているので、涼しいかと思ったのですが結構暑かったです。それに歩いていても風もあまりなく余計に暑さを感じました。
山小屋は大部屋とかですと、遅くに到着した人がやってきて布団1枚に二人なんてこともありますが、今回のベッド部屋はそれはなくてラッキーでした。
山小屋も予約はした方がいいですね(^^)

私は普段は寝つきは良い方なのですが、山小屋だとなぜか寝つきは悪いんですよね。それにイビキの大きい人もいてなかなか眠れませんでした・・・(´・ω・`)
narayama2008
2019年08月05日 19:53
MORINOBUNAさん、こんばんは。

はい、お天気は良かったです(^^)
私はこの山域は初めて歩いたのですが、登山口の新穂高温泉の標高が他より低い分だけ歩き甲斐はありますね。
稜線は夏山なのでガスも出ていましたが、様々な花が咲いていましたので、そのたびに足を止めて写真を撮っておりました(笑)
また続きも見てやってくださいませ。

MORINOBUNAさんは黒部五郎小屋か三俣山荘から下りられたんですね。結構な距離もあってそれに標高差もありますから下りでも長く感じますね。
登りは登山道は歩きやすいのですが、日差しを背に受けて登るので暑さが堪えました。
narayama2008
2019年08月05日 20:01
kojiさん、こんばんは。

北アルプスなので夏山でも涼しいかと思ったのですが、街中が35度を超えるような気温だと、山も思っていたより暑かったです(苦笑)

山小屋は多くの登山者が泊まるのでその熱気で暑いんですよ。たぶん20~25度前後はあるんじゃないかと思います。
食事も4回転だとその準備も大変だと思います。山小屋の人には頭が下がりますね。

narayama2008
2019年08月05日 20:03
peroさん、こんばんは。

気持ち玉、ありがとうございます(^^)
2019年08月05日 22:47
暑い下界を脱出して北アルプスですね。
良いですね。
最近高い山は御無沙汰しているので
羨ましいです。
いつも一緒に遠征しているメンバーは
先週剱岳でした。
今日写真を見せてもらったところです。
2019年08月05日 23:00
こんばんは、いつもありがとうございます。
新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳登山の1回目、、楽しく拝見しました、、まるで私が同行しているような気分になれましたが、登山は苦しみの後の征服感が得られるでしょうが、やはり相当に苦しい、、エアコンの効いた部屋で見せていただける、、ありがたいことです、、
2回目以降が楽しみです!

narayama2008
2019年08月06日 00:43
torさん、こんばんは。

はい、暑い下界を脱出して北アルプス、のはずだったのですが山も暑かったです。
歩いていて汗びっしょりで首に巻いたタオルも汗が絞れるくらいでした(苦笑)
私も高い山は今年は初めてでしたが、可愛い高山植物とか見れるのがいいですね(^^)
torさんが一緒に遠征しているメンバーは剱岳に登られたのですか。剱岳は登山者憧れの山、羨ましいです。
narayama2008
2019年08月06日 00:54
OTSUKYONさん、こんばんは。

いつも拙ブログをご覧頂きありがとうございます(^^)
やはり真夏の登山となると北アルプスでも登っていると結構暑かったです(苦笑)
それでも、道端に咲いている可愛い高山植物や都会とは違う空気、それらに励まされてなんとか登ることが出来ました。やはり上まで来ると「来て良かったあ~」と思います。

私もOTSUKYONさんのブログ、エアコンの効いた部屋で見せて頂いております(^^)

また2回目も見てやってくださいませ。

2019年08月06日 07:22
北アルプスに行かれてたんですね
いや~、羨ましいです
新穂高の入り口付近にある共同浴場は入った事あります
その奥、橋を渡って少し行った所にある水汲み場で天然水を汲んで帰って来た事も思い出しました
全部で4回に渡って紹介していただけるんですね
きっと素敵な写真がいっぱいアップされるんでしょうね
楽しみにしています!
2019年08月06日 08:28
こんにちは。

北アルプスにいかれたんですか。
いいですね。
涼しそう。
綺麗ですね。
山登りはいいけど、北アルプスは行きたいです。
narayama2008
2019年08月06日 09:05
yukemuriさん、こんにちは。

はい、ようやく梅雨も明けて北アルプスも夏山シーズンになったので出かけてきました(^^)
yukemuriさんも新穂高温泉には来られた事があるんですね。立ち寄り湯もあっていい所ですよね。
私は平湯の温泉は入ったことがあるのですが、新穂高はまだ入ったことがないので、機会があればぜひこちらでも温泉に浸かってみたいです。
天然水は真夏でも冷たくて美味しいですね。

今回は4回に分けて紹介します。下手な鉄砲も数撃ちゃ当たるではないですが、いろいろ写真を撮りましたのでみてやって下さいませ(^^)
narayama2008
2019年08月06日 09:10
トトパパさん、こんにちは。

はい、梅雨も明けたので北アルプスに山登りに行ってきました。
私も行く前は涼しいだろうなと思っていたのですが、それが思いのほか暑かったです(苦笑)
上り坂で日差しを受けて登っていると、もう汗びっしょりでした。
北アルプスは日中は日差しがあると暑いですが、朝夕は涼しいと思います。上高地や立山は行きやすいと思います。ぜひ避暑にお出かけくださいませ。(^^)
2019年08月07日 13:55
こんにちは。
新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳の登山、よく歩かれましたね。たいへんお疲れさまでした。
私は、10数年前のことになりますが、笠ヶ岳登山で一泊目に鏡平山荘に泊まったことがありました。
新穂高温泉から遠かったように思いますが、6時間くらいかかるルートだったんですね。
詳しいことは忘れましたが、朝夕槍ヶ岳がきれいに見えていた記憶だけは残っています。
鏡池に槍の穂先が映っていました。
山荘の寝床は窮屈だったように思います。
双六方面には行ったことがなく、続きが楽しみです。
narayama2008
2019年08月07日 16:35
トンキチさん、こんにちは。

新穂高温泉から三俣蓮華岳まで、登山道は整備されていて歩きやすいのですが、標高差は1700mぐらいあって、それに距離もありました、プラスこの暑さも加わって思っていたよりは疲れました(苦笑)
トンキチさんは笠ヶ岳登山で鏡平山荘に泊まられたんですね。笠ヶ岳へはわさび平小屋手前の笠新道からも行けるみたいですが、そちらは急登の連続で鏡平経由で笠ヶ岳を目指す人が多いみたいですね。

新穂高から鏡平へはずっと日差しを背に受けて歩いていたので、思っていたより時間が掛かりました。

トンキチさんが泊まられた時は鏡池に槍の穂先が映っていたんですね。下山日は槍・穂高が見えていたのですが、池にはあまり映っていませんでした。やはり池に映る槍ヶ岳を見たかったです。

今回は寝床はベッド部屋でしたのでゆったりとしていました。山小屋も今では予約をしていた登山客にはいろいろ優遇と行っているみたいですね。

双六方面もたくさん高山植物が咲いていました。またアップ致しますので見てやって下さいませ。
2019年08月10日 15:36
このコース。過去、秋(10月)に2回とも敗退しております。
1回目は鏡平小屋を過ぎた辺りから曇り空が一変して猛吹雪。双六小屋まで辿り着き、翌日は吹雪の中下山。北アルプス各所で遭難・死亡事故が起きた日でした。
2回目も鏡平小屋で昼食&雨宿りさせて貰っていると稜線は真っ黒な雪雲に覆われ、小屋番に引き留められ素直に下山。
今晩から上高地に行ってきますよぉ~
narayama2008
2019年08月10日 17:06
はなさん、こんにちは。

はなさん、10月にこのコースを行かれて雪で2回、撤退されているんですね。10月だともう冬山になっちゃうんですね。

>>北アルプス各所で遭難・死亡事故が起きた日でした。

秋の紅葉の見頃の時期に雪が降って、白馬や穂高稜線では遭難が多発したというのは記憶にあります。


>>小屋番に引き留められ素直に下山。

小屋番さんはその山域に詳しいでしょうから、下山されたのは賢明な判断だったと思います。

今晩から上高地に行かれるんですね。いいですね~。
上高地でノンビリされるのでしょうか、それともどこかに登られるのでしょうか。
楽しんできてくださいね(^^)
2019年08月10日 17:34
今年の夏山は、双六岳と三俣蓮華岳に行かれたんですね。
ルートマップを見ると槍の西側を通るんですね。
夏山といっても、天気の良い日の歩き始めは暑いですから、日陰が恋しいですね。(^^)
風穴からの冷気が、こんなに白く漂ようなんて知りませんでした。
これ見たら、メッチャ涼しそう。(^^ゞ
それに涼しそうといえば、綺麗な川の流れ。
歩いていると暑いから、浸かりたくなりますね。(^^ゞ
お花も色々と咲いていて…
夏山って、これがあるのが嬉しいですね。

山荘は、夕食に四回転もして、定員120人なのに、ベッドを一つ一人で使えたなんて、ラッキー!
予約優先やから、一つ使えたんですね。(^^)
narayama2008
2019年08月10日 20:05
yoppy702さん、こんばんは。

この山域は去年も行きたかったのですが、台風等があって見送ったので、今年は梅雨明けの時期を狙って行ってきました。
槍の西側を通るので、今まで見たことのない風景を見ることが出来ました(^^)
登山口の新穂高温泉の標高が1000mはあるので涼しいかと思ったのですが、結構暑かったです。日陰を辿って歩いていました(苦笑)
風穴からの冷気は気持ちいいですね。出来ればずっとその前に居たかった気分です。

川はやはりきれいですね。雪解け水でしょうから手を付けると冷たくて気持ち良かったです。
高山植物も今が見頃という感じでたくさん咲いていました。可愛い花を見れるのも夏山の楽しみですね(^^)

はい、山小屋ではベッド部屋で一区画を使わせてもらったんです。これはラッキーでした。なんせ手を延ばしても横の人に当たることはないですから・・・(笑)
山小屋ですから予約なしでも泊めてはくれますが、予約を入れておいた方がイイって事ですね。