上高地と紅葉の涸沢(涸沢編・2)

(涸沢編・2)では涸沢ヒュッテから奥穂高岳への登山道に入り涸沢カールを回って、涸沢小屋からの道と合流するまでを紹介します。

写真を順にアップしていきます(^^)

10時22分、まずはヒュッテ周辺の写真から
PA030500.jpg
PA030501.jpg

遠くに常念山脈PA030503.jpg

ちょっとだけ、雪が残っていますねPA030509.jpg

右下に「オクホ」、それに〇マークがあるのでそれに従って歩きますPA030511.jpg

バックの山は涸沢岳、尖っているのは涸沢槍ですPA030515.jpg

え~と、これは前穂北尾根だっけ???PA030520.jpg

ヒュッテのテラスから見るのとまた違って見えますPA030523.jpg

涸沢ヒュッテにやってきた荷揚げのヘリPA030526.jpg

いい色です(^^)
PA030533.jpg


赤く色づいたナナカマドの葉っぱをパチリと
PA030536.jpg


今度は涸沢槍をバックに
PA030538.jpg


赤と黄、鮮やかでした
PA030542.jpg


ナナカマドの葉っぱのアップを2枚
PA030544.jpg
PA030547.jpg

11時01分、涸沢小屋です
PA030549.jpg


PA030552.jpg

今度は涸沢小屋にヘリですPA030554.jpg

PA030556.jpgPA030558.jpg

ナナカマドをメインに4枚PA030559.jpg
PA030560.jpg
PA030563.jpgPA030566.jpg

PA030570.jpg

どんどんアップしていきます(^^)PA030575.jpgPA030578.jpgPA030580.jpg
PA030582.jpg


11時21分、涸沢ヒュッテからは見えなった常念岳が見えました(^^)PA030584.jpg

PA030585.jpg

涸沢ヒュッテが下に見えます。涸沢カールを一周するルートは奥穂への登山道になるので上りになります
PA030587.jpg


テント、少ないですねPA030592.jpg

PA030595.jpgPA030599.jpg
PA030603.jpg


遠くの山は蝶が岳PA030605.jpg

岩尾根はザイテングラート
PA030606.jpg


左・奥穂高岳、右・涸沢岳PA030608.jpg

三角の山は常念岳PA030609.jpg

奥穂高岳、小さく下りてきた登山者も写ってますPA030611.jpg

11時41分、涸沢小屋からの登山道と合流ですPA030613.jpg

岩に赤く矢印が書いてます。上に行くと穂高岳山荘、左が涸沢ヒュッテ、右が涸沢小屋ですPA030616.jpg


(2)はここまでです。

(3)では涸沢での写真残りと、あと横尾山荘から上高地までの写真も少し紹介します

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 89

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年10月11日 08:28
こんにちは。

めっちゃ綺麗ですね。
いいですね。
非日常なこの素晴らしい景色、癒やされますね。
narayama2008
2019年10月11日 08:58
トトパパさん、こんにちは。

涸沢の上の方の紅葉もきれいでした。特にナナカマドの葉っぱは真っ赤に色づいていました。ガスも出てなかったので景色も良かったですよ(^^)
2019年10月11日 19:20
涸沢槍をバックに黄葉が美しいですね。
色の対比も素晴らしいです。
涸沢の紅葉を見ずして穂高は語れないとか
まさに日本一といってもよい紅葉ですね。
何枚も写真撮りたくなりますね。
narayama2008
2019年10月11日 21:14
torさん、こんばんは。

涸沢槍など穂高の峰々をバックにした黄葉や紅葉の風景はとても良かったですよ(^^)
さすが山岳紅葉では日本一と言われる涸沢の紅葉だけはあります。

そうなんです。何枚でも写真を撮りたくなります(笑)
2019年10月11日 22:25
黄色も鮮やかですね~
台風の影響がなかったのか、葉っぱもきれいですね。
蝶が岳や常念がこんな風に見えるんだ!!
横尾山荘のところから蝶が岳に登るルートがあったと思います。
涸沢は屏風岳をぐるっと回り込んで登っていくのがよくわかりました。
カールの1周はどのくらいの時間が掛かるのでしょう???
荷物が少ないと楽ですね。
narayama2008
2019年10月11日 23:55
biore-mamaさんへ

今年の涸沢の紅葉、結構きれいでした。天気予報が悪い中、登ってきた価値はありました
涸沢は周囲を山々に囲まれているので台風があっても、あまり葉っぱは落ちないみたいです。
蝶が岳や常念岳もガスが出ていなかったのできれいに見えていました。安曇野側からも見えますが、反対側から見るのもいいですね。
はい、横尾山荘からも蝶が岳への登山道ありますね。私は歩いたことはないのですが、稜線への直登ルートのようです。
上高地から涸沢へは屏風岩を回り込んで登るので、距離的にはそこそこありますね。
カールの一周、今回、写真を撮りながらゆっくりと歩いて涸沢小屋に着いたのが12時22分でしたので、約2時間弱かかりました。

はい、荷物が少ないとラクですね(^^)
あと、例えば初日に涸沢泊、二日目に横尾や徳沢の山小屋で泊まるという場合でも、涸沢まで持って行く必要のない着替え等は行く途中に山小屋に寄って預けることも出来るので、それらを利用されると良いと思います。
2019年10月12日 13:25
夜、ヒュッテのデッキから涸沢小屋の方を見ていたら 上のほうからヘッドライトがいくつも見えました。
暗くなってから ココを降りるのは足元が怖いでしょうね。
もちろん私たちは眺めるだけでした。
常念から蝶への縦走は右手にパノラマが広がって素晴らしかったのを思いだしました。
2019年10月12日 13:55

こんにちわ。

ナナカマドの発色、すばらしいですね。アップのお写真と涸沢槍の雄姿のお写真に惹かれました。
narayama2008
2019年10月12日 15:43
コマダムさん、こんにちは。

私もヒュッテに泊まった時に、涸沢小屋の上の方に暗い中で下りてくるヘッドライトの灯りを見たことがあります。私も「よくこの暗い中を歩けるなあ」と思ったものです。

常念から蝶への縦走、右手にパノラマが広がっていたんですね。まだ常念と蝶の間は歩いたことがないんですよ。今年はもう無理なので来年はなんとか歩いてみたいと思います。

narayama2008
2019年10月12日 15:46
小枝さん、こんにちは。

ナナカマド、真っ赤に色づいていてきれいでした。黄色に色づいた木々とのコントラストも見応えがありました。それに紅葉のバックに穂高の峰々、やはり涸沢の紅葉は素晴らしいですね(^^)
2019年10月13日 17:15
こんにちは。
涸沢カールの素晴らしい紅葉を見せてもらい、感動しました。
ナナカマドが真っ赤に色づき、鮮烈な印象です。
数日間しかない紅葉の旬の時期にタイムリーに訪れ、きれいに黄葉・紅葉した涸沢カールと穂高連峰が眺められて最高でしたね。
narayamaさんの日頃の精進の賜物だと思いますよ。
narayama2008
2019年10月13日 19:36
トンキチさん、こんばんは。

涸沢カールの紅葉、きれいで登った甲斐がありました(^^)
はい、特に真っ赤に色づいたナナカマドは印象的でした。

涸沢には紅葉目当てに何度か登っているのですが、見頃にはまだだったりとか、或いはもう終わっていたとかあったんですが、今回は来て良かった~と思える紅葉でした(^^)
天気も持ってくれて良かったです。
yoppy702
2019年10月15日 10:44
「涸沢編・1」で綺麗!と思いましたが、「涸沢編・2」は、さすがに、それ以上ですね。(^^)
写真で見てるだけでウットリしますから、生で見ていると、身体が別世界に飛び立ってしまいそうになるでしょうね。
その中で、ナナカマドの真っ赤には、もう、口がアングリで顎が外れそうになります。(^^ゞ
赤、黄、緑の景観、ホンマ、綺麗。
一年の一時期ですもんね。
山って、一年を通して、色んな姿を見せますが、どんな姿もピカ一ですね。(^^)
narayama2008
2019年10月15日 13:01
yoppy702さん、こんにちは。

涸沢ヒュッテのテラスからも紅葉を堪能できますが、涸沢カール内を一周するとより楽しめるんですよね。今回は雨も降っていなかったので回ることにしました。
特にナナカマドの赤が印象的でした。それにバックに黄色に色づいた木々や緑、それに穂高の山々等、いい景色を見ることが出来ました(^^)

涸沢はやはり素晴らしい所でした(^^)