【北海道・鉄道の旅】に行ってきました(4)

【北海道・鉄道の旅】に行ってきました(3)の続きです。

10月31日

この日は新千歳空港から大阪に帰るわけですが行程はまず北海道大学の構内を散策した後、札幌から函館本線で小樽へ、小樽で倶知安行に乗換えて余市で下車。駅近くのニッカウヰスキー余市蒸溜所に寄ります。その後は、再び余市から小樽、札幌、そして新千歳空港と戻ってきます。


写真を紹介していきます。

今朝はホテルで朝食を済ませました。今回泊まったホテル京阪札幌ではチェックアウト後も荷物を預かってくれるので、サブのカバンにカメラ、それに予備バッテリー、傘だけ持って出かけます(^^)

札幌発、小樽行の列車の発車時刻は8時35分なので、その前に北海道大学に寄りました。

7時49分、北海道大学です。こちらは南門ですね。
構内の写真を12枚アップ。紅葉はまだきれいでした(^^)
PA311008.jpg
PA311011.jpg
PA311015.jpg
PA311022.jpg
PA311024.jpg
PA311026.jpg
PA311027.jpg
PA311033.jpg
PA311041.jpg
PA311042.jpg
PA311046.jpg

クラーク博士像です
PA311051.jpg


列車の時間もあるので長居は出来ません、札幌駅に急ぎます

8時35分発、小樽行普通列車に乗ります。時間がなかったので列車の写真は撮れずでした。

9時03分、銭函駅です。
この駅、高倉健さん主演の映画「駅 STATION」に冒頭のシーンで出てきたと思います
PA311056.jpg

銭函駅を過ぎると函館本線は海沿いを走ります
PA311057.jpg
PA311068.jpg

9時22分、小樽到着。いかにも古い駅名標があったのでパチリと
PA311080.jpg

乗ってきた列車です
PA311072.jpg

9時38分発、倶知安行普通に乗換えです
PA311079.jpg

倶知安行、2両編成ですね
PA311073.jpg

運転席の後ろから
PA311086.jpg


定刻に発車。

車窓風景、小樽駅を出て間もないので建物も目立ちます
PA311091.jpg

ちなみに函館本線の小樽-倶知安-長万部間は「山線」と言われています。
トンネルを抜けます
PA311092.jpg

9時49分、塩谷駅
PA311102.jpg
PA311095.jpg

途中、海が見えました
PA311098.jpg

トンネルの向こうにまたトンネル
PA311099.jpg

9時57分、蘭島駅。駅舎もきれいですね
PA311102.jpg
PA311103.jpg

蘭島駅を発車、短いけどまたトンネル
PA311105.jpg

「山線」の名の通り線路がまっすぐという区間はあまりないのですが、ここはちょっとまっすぐ(^^;
PA311107.jpg

10時03分、余市駅、ここで降ります
PA311110.jpg

乗ってきた列車です
PA311112.jpg

後方の安全確認をする運転士さん。この運転士さん、小樽駅では英語でも車内放送をされていました
PA311113.jpg

倶知安に向けて出発、連写で3枚
PA311114.jpg
PA311116.jpg
PA311119.jpg

駅での写真をいくつか・・・
PA311145.jpg

跨線橋から。小樽方面
PA311148.jpg

倶知安方面
PA311149.jpg

階段(^^)
PA311151.jpg

記念に乗車券を頂きました。スタンプを押してくれました
IMG_20191102_0003.jpg

駅前です。余市は「マッサン」の舞台の地なんですね
PA311153.jpg

10時10分、余市駅
PA311155.jpg


駅から歩いて10分もかからずに・・・

10時17分、ニッカウヰスキー余市蒸溜所です。入場料は無料です
PA311156.jpg

ここから構内の写真です
PA311157.jpg
PA311158.jpg

蒸溜棟、内部はウイスキーの香りがしてそれだけで酒酔いしそうでした。実は私はアルコールは弱いんです・・・
PA311159.jpg
PA311160.jpg

木々もいい色に色づいていました
PA311161.jpg

この建物は旧事務所
PA311165.jpg
とその内部
PA311166.jpg

リタハウス
PA311168.jpg
PA311169.jpg

PA311173.jpg
PA311174.jpg
PA311179.jpg

紅葉も
PA311180.jpg
PA311181.jpg
PA311183.jpg

1号貯蔵庫と内部
PA311186.jpg
PA311190.jpg

ウイスキー博物館と内部
PA311194.jpg
PA311195.jpg
PA311196.jpg
PA311197.jpg
こちらは有料の試飲コーナー
PA311199.jpg
PA311200.jpg

再び外に出て
PA311206.jpg

無料の試飲コーナーへ(^^)
コーナーへ行くとお酒の入った3つのグラスが渡されて、シングルモルト余市・スーパーニッカ・アップルワインの3種類が試飲できます。あと水や氷、炭酸水もありました。私は氷水と交互に飲んだのですが間違いなく顔は真っ赤になったと思います・・・
PA311208.jpg
PA311210.jpg

再び外へ
PA311220.jpg
PA311222.jpg

11時25分、蒸溜所の外に出てきました
PA311226.jpg


この後はちょうど余市から小樽・札幌行のバスがあったので、それで小樽まで乗りました。
途中、バスの車内から海が見えたのでパチリと
PA311230.jpg

12時09分、小樽駅前
PA311232.jpg

時間もちょうど昼食時でしたので、小樽駅構内のバーガーキングというお店だったと思いますがハンバーガーの昼食でした。

そして13時00分発、札幌・新千歳空港行、快速エアポート134号に乗ります
PA311233.jpg

この列車です
PA311235.jpg

車内、クロスシートは良いのですが、窓が汚れているというかこれでは外の景色がすっきりと見えない・・・なので車窓からの写真はありません
PA311239.jpg


13時48分、札幌駅前です
PA311244.jpg


ホテルに預けてある荷物を受け取って再び札幌駅へ。

14時20分発、新千歳空港行快速エアポート142号に乗ります
PA311247.jpg

こちらは14時16分発、釧路行特急スーパーおおぞら7号。
ヘッドマークはタンチョウヅルですね
PA311250.jpg
PA311251.jpg

こちらがエアポート142号
PA311253.jpg

14時58分、新千歳空港駅に到着
PA311254.jpg
PA311255.jpg


搭乗予定の飛行機は17時50分発、ANA780便。搭乗まで時間があるので空港内のお土産物屋さんなどぶらぶらしていました。
それで夕食はどうするかと・・・大阪到着は19時50分なので着いてからだと夕食には遅いので新千歳空港内で済ませる事にしました。

それで食べたのは新千歳空港のフードコートにある松尾ジンギスカンのジンギスカン丼。
このお店はブロ友のkojiさんが前に紹介されていたので、新千歳空港に行った際には寄ってみたいと思っていました
DSC_0079.jpg

搭乗口へ
PA311256.jpg

搭乗直後の機内
PA311261.jpg

19時37分、大阪伊丹空港に到着です
PA311272.jpg


北海道大学


ニッカウヰスキー余市蒸溜所


後は空港リムジンバスで近鉄大阪上本町駅へ、更に近鉄に乗換えて帰りました。

今回の北海道行き、30日は一時雨に降られたりしましたが一番心配していたのは寒さでしたが、思ったほど寒くはなかったのは良かったです。
まだ乗りたい路線もあるのでまた行きたいですね~

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 86

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス

この記事へのコメント

2019年11月14日 11:03
こんにちは。
北海道大学構内の紅葉の風景がとっても素敵でした。こんな美しいキャンパスの大学はざらにはないと思いました。有名なクラーク博士の像はこの構内にあったんですね。
札幌駅を出てから函館本線は海が見えて旅情を感じます。
倶知安行電車からの車窓風景も情緒があり、トンネル越しに線路がカーブしていたり、真っ直ぐ伸びている風景がいいなと思いました。
ニッカウヰスキー余市蒸溜所構内の風景にも惹かれました。
「マッサン」の舞台になった場所ですね。
narayamaさんは撮影が上手なので、よりよく見えますね。
構内の佇まいや、紅葉の景色、博物館内部など、どれも素敵な眺めばかりで、札幌周辺に旅行するなら外せないところだと思いました。
無料の試飲コーナーも充実しており、益々その思いが強くなります。
3日間、鉄道の旅を堪能し、往復は空路を楽しみ、路線バスにも乗り、また観光もされて、とにかく素晴らしい北海道旅行だったと思います。
narayama2008
2019年11月14日 16:40
トンキチさん、こんにちは。

北海道大学の紅葉はホテルのフロントに「どこか紅葉のきれいな所はないですか」と聞いたら北海道大学を教えてくれました。はい、クラーク博士の像も北大の構内にあります。
函館本線は銭函駅を過ぎると海沿いを走ります。波打ち際が見えるぐらいの所も通るのでずっと外を見ていました(^^)
小樽から先、倶知安方面は函館本線とはいえ単線非電化のローカル色豊かな路線なんです。「山線」とも言われていてカーブも多くトンネルもあって車窓からの眺めは飽きないです(^^)

ニッカウヰスキー余市蒸溜所は初めてなんですが、建物も洋風でどことなく異国情緒も感じました。それに「マッサン」の舞台ですね。
はい、札幌周辺の観光だとぜひ立ち寄ってほしい所です。そして訪れるのなら鉄道・バスがおススメです。もし、うっかり車で来てしまうとウイスキーの試飲は出来ませんから

今回の鉄道の旅は10月末でしたので寒さを一番心配していたのですが、それほど寒くはなかったので助かりました。そして北海道の鉄道や風景を楽しむことが出来ました。
まだ乗りたい路線もあるので、また訪れたいです(^^)
彩雲
2019年11月14日 22:14
紅葉が美しい良い季節に行かれましたね。
同じ場所でも、これは素晴らしくお得です。
narayama2008
2019年11月15日 01:01
彩雲さん、こんばんは。

出発前は鉄道の事しか考えていなかったので、着いてから北海道は今が紅葉の時期なんだと気づきました。
北海道大学とニッカウヰスキー余市蒸溜所、どちらも紅葉がきれいでした(^^)
2019年11月15日 08:09
おはよーございます!

ジンギスカン丼、覚えてくださっていたのですね。
ありがとうございます!

お口に合いましたでしょうか?
ラム肉はどうしてもクセがありますから。

北海道の電車の旅、いいですね(^o^)
narayama2008
2019年11月15日 09:06
kojiさん、おはようございます。

はい、前にkojiさんが紹介された時から、新千歳空港に行ったらこのジンギスカン丼を食べようと思っていました。ありがとうございました(^^)
ジンギスカンも味噌ラーメンと並ぶ北海道の味ですね。美味しかったです。また食べたいです

北海道の鉄道は本州の鉄道とは風景等違った魅力がありますね。また乗りに行きたいと思いました。
2019年11月15日 11:03
narayama2008 さん、おはようございます。

トンネルが凄く気になります。
どれも素敵な写真ですね~

小樽は車で何度も行っています。
私は30代の頃、新潟から小樽までフェリーで往復、車で帯広間を往復していました。
その頃一般道は砂利道です。
高速道路もなければ大変な道のりでした。

40代からは飛行機で往復することになりますが、今となれば懐かしい話です。
2019年11月15日 11:34
北大の紅葉・黄葉写真が素晴らしいです。(^^)
色づきも素晴らしいけど、こんな建物やムードを背景に出来るなんて、そうは無いから、良い時期に寄りましたね。
有名なポブラ並木、ホンマ、スゴイ光景です。

「るたお」、感動です。(^^)
右から読む標示って、とっても、ノスタルジックになります。
こういうのは、ずっと、残して欲しいです。
これで、乗ってきた列車が古呆けていたら、一気に物語の世界に吸い込まれてしまいそうや。(^^ゞ

「トンネルを抜けます」の画像、ちょっと右寄りになってますが、イイ狙いですね。
トンネルの向こうの木々の色づき。
そして、なんてったって、線路が直線じゃなく曲線になってるのが、この写真を盛り上げてますね。
次のカットも好きです。
単線やから、こんな風に分かれるポイントがあるんやけど、ホンマ、嬉しい光景です。(^^)

余市駅からニッカウヰスキー迄、そんなに近かったんですね。
ここは、行ってみたい所です。
って、朝ドラの影響大ですけど。
あれ依頼、家のウィスキーはニッカになりました。(^^ゞ
ここの見学…
建物を撮るだけでもイイですね。
室内も、レトロな洋館がそのまま。
もう、ここは、日本じゃないですね。(^^ゞ
そして、ウイスキー博物館。
スゴイ設備や。
試飲、こんなにあるんですか。
蓋が付いてるって事は、お持ち帰りもできるんかな?

新千歳空港のジンギスカン丼、ボクも、kojiさんとこで見た時に食べたいと思いました。
マジ、上手そう!(^^)

リムジンバスって、近鉄・上本町にも行ってるんや。
これやったら、便利ですね。
素適な鉄道の旅、お疲れ様でした。
そして、素晴らしい写真の数々、ありがとうございました。
narayama2008
2019年11月15日 16:34
夕焼けさん、こんにちは。

小樽から倶知安方面への函館本線、余市までの短い区間でもトンネルがいくつかありました。カーブも多く「山線」といわれるだけはあるなあと思いました。

小樽は何度も行かれているんですね。そういえば新潟からのフェリーは小樽に来るんですね。そして小樽から帯広まで車で運転されていたんですね。その頃の一般道は砂利道なんですか・・・北海道の道路というと今はきれいに舗装された道がどこまでも続いているという印象なんですが、当時は違ったんですね。それに小樽から帯広は相当な距離があると思うので大変でしたね。

それが今では飛行機で往復、便利になりましたね(^^)

narayama2008
2019年11月15日 16:43
yoppy702さん、こんにちは。

北大の紅葉はホテルのフロントで教えてもらったのですが、思っていたよりきれいでした。
それに構内の建物もどこか洋館風の雰囲気があって紅葉にマッチしていました(^^)
それにしても北大って広いですね。もっと時間をとって回りたかったです。

「おたる」の駅標、歴史を感じさせますね。いつまでも残しておいて欲しいですね。

「トンネルを抜けます」の画像、本当は右寄りというのはトンネルを抜ける前に急いでシャッターを切ったら、たまたま右寄りになってしまっただけなんです・・・
小樽から先の函館本線は「山線」といわれるだけあってカーブが多いんですよね。
線路のポイント、これも色々眺めていると面白いんですよ。列車の先頭から見ていると線路が近づいたり遠のいたりと、まるで生き物のようです(^^)

ニッカウヰスキーの蒸溜所までは駅からすぐでした。建物全体がどこか異国情緒も感じられて、それに木々の紅葉も構内の雰囲気にあっていました。札幌・小樽の観光ならここにもぜひ足を延ばしてほしいなあと思う所です(^^)
試飲は3種類出来ます。蓋はのせてあるだけでそれにグラスは返却しないといけないので、残念ながらお持ち帰りは出来ないんですよ(^^;)

空港のジンギスカン丼はkojiさんのブログを見た時から、空港に行けば食べようと思っていました。美味しかったですよ(^^)

はい、伊丹から近鉄上本町駅行のバスがあるので、それに乗れば上本町ですぐに電車に乗れるので便利なんですよね。

こちらこそ、長いブログになりましたがご覧頂きありがとうございました
2019年11月15日 19:20
こんばんは。
北海道の旅お疲れさまでした。
楽しませていただきました。

紅葉が美しいですが
今日は寒波で積雪がすごいようですね。
寒くもなくてよい旅ができましたね。

「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」見学されたのですね。
私は工場見学も大好き。
酒蔵にもお酒は飲めないのに
見学させていただいてます。
narayama2008
2019年11月15日 20:21
torさん、こんばんは。

長いブログになりましたがご覧頂き、ありがとうございました

北海道の紅葉は10月末は終わり間近との事なんですが、北大の紅葉はまだまだきれいでした(^^)
今日は北海道は大雪のようですね。私が立ち寄った滝川駅の様子がテレビのニュースで流れていたのですが雪が積もっていました。私が行った時は寒さはまだマシでしたので良かったです。

はい、「ニッカウヰスキー余市蒸溜所」を見学してきました。せっかく北海道に来たのだから一か所ぐらいは観光も入れようと思ってこちらにしたのですが、行って大正解でした(^^)
構内の建物も趣があって、それに紅葉もまだきれいでした。
私もお酒は飲めない方なのですが、思い切って試飲コーナーに行きました。きっと顔は真っ赤になったと思います(笑)