京都・嵯峨野の紅葉(2)

京都・嵯峨野の紅葉(1)の続きです。

(2)では主に二尊院、祇王寺、大覚寺の紅葉を紹介します。

常寂光寺を後にして、

落柿舎です
PB240620.jpg

時間は11時前後になりましたので、食事処が混む前に早めの昼食を取りました。

昼食を済ませて行動再開です。
二尊院に行く前に、こちら「後亀山天皇・嵯峨小倉陵」の近くの紅葉を4枚アップ。ここはわき道の紅葉になるのであまり人はいません
PB240627.jpg
117A1753.jpg
PB240631.jpg
PB240643.jpg


これは道沿いの紅葉だったと思います
PB240648.jpg

11時42分、二尊院です
PB240650.jpg

境内の参道は「紅葉の馬場」といいます。3枚アップ。ちなみに時代劇でも「紅葉の馬場」で撮影したシーンがよく出てきます(^^)
PB240652.jpg
PB240654.jpg
PB240666.jpg

二尊院の紅葉もきれいでした
PB240677.jpg
PB240678.jpg
117A1768.jpg
PB240679.jpg

勅使門です
PB240680.jpg
PB240684.jpg

続いて本堂
PB240690.jpg
117A1774.jpg
PB240697.jpg

あとは境内で撮った写真を色々とアップ

石段をバックに
PB240699.jpg
石段の途中で
PB240705.jpg
石段を上がった所に弁天堂
PB240708.jpg

嵯峨野の眺望
117A1779.jpg

再び本堂まで降りるのですが、下りは先ほどの石段とは違う道を歩く事にしてその途中でパチリと
PB240712.jpg
PB240718.jpg
PB240722.jpg
PB240731.jpg

鐘楼、「しあわせの鐘」とも呼ばれているそうです
PB240733.jpg

本堂です
117A1788.jpg

PB240736.jpg

そして「紅葉の馬場」です。二尊院での写真残り2枚
PB240743.jpg
PB240746.jpg


二尊院の次は・・・

12時44分、祇王寺です
PB240753.jpg

祇王寺での写真、8枚一挙にアップ(^^)
117A1807.jpg
PB240759.jpg
117A1809.jpg
PB240768.jpg

PB240772.jpg
PB240774.jpg
PB240789.jpg
PB240799.jpg


祇王寺を後にして大覚寺に向かうのですが、大覚寺までは少し距離があります。
その途中でコスモスが咲いていました
PB240805.jpg


13時30分、大覚寺です。
大覚寺は嵐山周辺からはちょっと離れているせいか、それほどの混雑はありませんでした
PB240808.jpg

この参道も時代劇でよく見かけます
117A1829.jpg

式台玄関、花は嵯峨菊です
PB240811.jpg

建物内での写真です
PB240819.jpg
PB240824.jpg

正面奥が勅使門
117A1834.jpg

五大堂から大沢池
PB240832.jpg

池の対岸のイチョウをパチリと
PB240836.jpg

鳥さん、池を見てなにを思う???
PB240838.jpg

池沿いの紅葉
PB240840.jpg

PB240842.jpg

117A1844.jpg

建物内を回りながら
PB240845.jpg
村雨の廊下
117A1846.jpg
PB240848.jpg
117A1849.jpg

この後は大沢池を一周します
PB240858.jpg

PB240860.jpg
117A1851.jpg
117A1852.jpg

先ほどまで写真を撮っていた五大堂です
117A1853.jpg

塔は心経宝塔
PB240867.jpg
117A1856.jpg

PB240873.jpg

鳥さん
PB240880.jpg
PB240882.jpg

五大堂からも撮ったイチョウ
PB240884.jpg

117A1861.jpg

対岸に五大堂です
117A1866.jpg
五大堂をアップで
117A1870.jpg

大沢池の散策路
117A1869.jpg

心経宝塔を3枚
117A1876.jpg
117A1880.jpg
117A1887.jpg

大覚寺での写真ラスト
117A1890.jpg


後は再び阪急嵐山駅に戻るのですが、当初は歩いて戻るつもりでしたが多少疲れましたのでバスで戻る事にしました。
ただ大覚寺から阪急嵐山方面行のバスは意外と本数が少ないみたいなので、とりあえず来たバスに乗る事に・・・そのバスは阪急嵐山駅には行かないのですがJR嵯峨嵐山駅は通るのでそれに乗ってJRの駅近くで降りて歩きました。

そして、朝はほとんど人通りのなかった渡月橋前の交差点はこのような感じです。時間は15時32分・・・すごい混雑でした
117A1907.jpg

15時43分、阪急嵐山駅到着です
117A1911.jpg


後は阪急電車に乗って帰りました(^^)

長くなりましたがご覧頂きありがとうございました

二尊院


祇王寺


大覚寺

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 68

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
かわいい かわいい

この記事へのコメント

2019年12月04日 08:23
こんにちは

ええどすなぁ。
めっちゃ綺麗どすなぁ。
紅葉の馬場っていんうですか。
京都の紅葉、堪能されましたね。
narayama2008
2019年12月04日 10:09
トトパパさん、こんにちは。

はい、紅葉きれいでしたよ(^^)
二尊院の参道は「紅葉の馬場」という名の通り、紅葉がとてもきれいでした。
混雑もありましたが京都の紅葉を堪能しました(^^)
2019年12月04日 10:37
おはようございます。
やっぱり京都の秋は素敵ですね。
narayama2008
2019年12月04日 11:36
tamachanさん、こんにちは。

はい、京都の秋、紅葉が見頃を迎えてどこもきれいでした(^^)

これで大混雑がなければ最高なんですが、なかなかそうはいかないですね(^^;
2019年12月04日 19:26
こんばんは。
さすが京都の紅葉ですね。
タイミングもピッタリでしたね。
美しい紅葉を前編とともに楽しませていただきました。
2019年12月04日 20:28
京都の紅葉は どこも素晴らしいですね。
そろそろ紅葉もラストが近づいてきたでしょうね。
冬の京都もきれいでしょうけど、底冷えがしそうで…また桜の季節までお預けですか?
つばさ
2019年12月04日 21:29
こんばんは
二度にわたり、紅葉狩りを堪能させていただきました。
今朝のTVで天竜寺などをドローンで紹介していました。
私たちの見れない目線の映像も悪くはないですが、
こちらの方がずっと素敵だと思います。
永久保存版の写真が満載です!
目が、オレンジに染まりそうでした(^^♪
narayama2008
2019年12月04日 21:29
torさん、こんばんは。

京都の紅葉、混雑している所もありましたがどこの紅葉も見頃できれいでした(^^)
やはり混んでいるとはわかってはいても京都の紅葉は見たくなりますね。
narayama2008
2019年12月04日 21:33
コマダムさん、こんばんは。

京都の紅葉、ちょうど見頃でどこもきれいでした。
そうですね、紅葉もこの週末がラストだと思います。散り紅葉がイイ感じかも知れませんね。
冬の京都もいいですよ。なにより紅葉の時ほどの混雑はありませんので、雪が降ったら行きたいなあと思っています。特に雪化粧した大原三千院は絶対行きたいです(^^)
narayama2008
2019年12月04日 21:53
つばささん、こんばんは。

こちらこそ、拙ブログをご覧頂きありがとうございました
今朝、ドローンで天龍寺などの紅葉を紹介していたんですね。空から見る紅葉もイイでしょうね。

>こちらの方がずっと素敵だと思います。
>永久保存版の写真が満載です!

そのように言って頂くと恐縮してしまいます(汗
京都嵯峨野の紅葉はどこも見頃できれいでした。朝早く起きて出かけた甲斐がありました(^^)
これで混雑がなければ最高なんですが、なかなかそうはいかないですね(^^;
2019年12月04日 22:19
二尊院のモミジ、色鮮やかで本当にきれいでしたね。今回は祇王寺・大覚寺にはいかなかったのでこちらで拝見させていただきます。祇王寺はしっとりとした静かさにモミジがきれいですね。大覚寺前回も行かなかったので、今度行きたいお寺の1つにしたいと思います。
narayama2008
2019年12月04日 22:48
かるきちさん、こんばんは。

かるきちさんも二尊院の紅葉をご覧になられたんですよね。ホント、きれいでしたね。
祇王寺と大覚寺も良かったですよ。
祇王寺は木々に覆われていてしっとりした感じがイイですね。
大覚寺は広いお寺さんで大沢池も含めると見所がいっぱいです。
今度京都に来られた時はぜひ足を運んで下さいませ(^^)
2019年12月05日 06:52
こんばんは。
二尊院に行く前の後亀山天皇・嵯峨小倉陵付近の紅葉もいいですね。
二尊院境内の参道・紅葉の馬場も、境内も感嘆の声が聞こえてきそうです。
勅使門、本堂、石段の途中などもいい眺めでした。
祇王寺も風情が溢れて凄いですね。
大覚寺の五大堂からの眺めもよく、大沢池の周りも魅力的な紅葉風景です。
こんな素晴らしい景色を覚えてしまうとハードルが上がり、並の紅葉を見ても感動する気持ちが薄らぎそう…。
一日中、嵯峨野の紅葉を見て回り、渡月橋前の混雑を見て、ドッと疲れが出たんじゃないですかね。^^;
ホントお疲れさまでした。
narayama2008
2019年12月05日 10:02
トンキチさん、こんにちは。

「後亀山天皇・嵯峨小倉陵」付近の紅葉、ここは去年嵯峨野に来た時に食事をしたお店で「ここは人も少なくきれいですよ」と教えてもらったんです。場所自体は二尊院から鳥居本に行く途中でその気になればすぐに立ち寄れるのですが、そのまま通り過ぎる人がほとんどです。
二尊院の参道「紅葉の馬場」の名の通り、きれいでしたよ(^^)
本堂など境内の紅葉も素晴らしかったです。それに山の麓にあるので上のほうまで行くと眺めも良かったです。
祇王寺は他の寺院と比べると小さいお寺さんですが、平家物語に出てくる悲恋の尼寺という事で、他とは違う雰囲気が感じられるのが魅力だと思います。
大覚寺は嵐山界隈からはちょっと離れているので、大混雑がないのがイイですね。
境内も広くてそれに五大堂からの大沢池の眺めは必見です。それにここでは紅葉以外に嵯峨菊も展示していました。
はい、渡月橋付近に戻って来た時は大混雑は予想通りでしたが、やはり疲れますね(苦笑)

ちょうど嵯峨野の紅葉は見頃で早起きした甲斐がありました(^^)
2019年12月07日 01:18
二尊院に行く前の画像…
この時期の京都って、ホンマ、何処に行っても素晴らしい紅葉写真ですね。
なんせ、京都ってロケーションがイイですもんね。

二尊院の紅葉もスゴイなぁ…
どちらも同じですが、門や石段を被せた画像が素晴らしくって、それが、京都らしいですね。
ここの木も大きくて立派ですね。

苔むしたヒッソリととした祇王寺というイメージがあるんですが、この時期は、やっぱり豪華ですね。
木々の紅葉だけでなく、落葉して赤い絨毯になる手前の様相が、素敵なコントラストになってますね。

そして、大覚寺。
ここは、大きなに池があるのが良いですね。
色づいたイチョウが池に姿を落としてるのが綺麗です。
池を一周すると収穫大ですね。(^^)
なんてったって、池に姿を落としてる写真が好きです。(^^ゞ

15時32分の渡月橋前の交差点!
これが、フツーの光景ですね。(^^ゞ
narayama2008
2019年12月07日 09:24
yoppy702さん、おはようございます。

京都って特に紅葉の名所といわれるところ以外でも、きれいな紅葉が見れるので侮れないですね。二尊院に行く前に寄った所もそうでした。

二尊院の紅葉、特に「紅葉の馬場」と呼ばれる参道の紅葉は特にきれいで多くの人が立ち止まって写真を撮っていました。二尊院は大きなお寺さんなので木々も大きいのが多いです。

祇王寺は天龍寺や二尊院と違って小さなお寺さんなんですが、この時期は紅葉に彩られてきれいでした。祇王寺は「平家物語の悲恋の尼寺」という雰囲気もあって紅葉も華やかさよりしっとりとした感じのする紅葉でした。

大覚寺はこの大沢池、この池に紅葉や塔が映るのがイイですね。去年、来た時は台風の被害の影響で池を一周することは出来なかったのですが、今年は一周することが出来ました(^^)
風がなかったので池に映る紅葉や塔が見れて良かったです(^^)

はい、渡月橋の交差点、予想はしていましたが大混雑でした(^^;
sisi
2019年12月07日 13:54
紅葉の道が感動します、歴史の味わいです。
narayama2008
2019年12月07日 19:03
sisiさん、こんばんは。

嵐山から天龍寺を経て祇王寺・大覚寺と至る道は紅葉の名所がたくさんですね。
立ち寄ったお寺さんの歴史を見ると感慨深いものを感じます(^^)