平成19年(2007年)8月 常念岳・大天井岳・燕岳縦走

前回はこのブログを始める以前の平成18年(2006年)8月の焼岳登山を紹介しましたが、今回は焼岳登山の翌年、平成19年(2007年)8月の常念岳・大天井岳・燕岳縦走の時の写真を紹介します。

この時も好天に恵まれまさに稜線漫歩といった山歩きとなりました(^^)

日程は・・・
8月10日夜、大阪から白馬行きの夜行バス「さわやか信州号」で出発、穂高で下車
8月11日、穂高駅から常念岳の登山口、一の沢へ   常念小屋で宿泊
8月12日、朝に常念岳に登ってから大天荘まで    大天荘で宿泊
8月13日、大天荘から燕山荘へ           燕山荘で宿泊
8月14日、合戦尾根を下って中房温泉登山口へ下山

常念岳から燕岳への縦走の場合は普通は常念小屋と燕山荘泊まりの山中2泊なんですが、初めての縦走という事もあり大天荘にも泊まる山中3泊のゆったりノンビリプランでの山歩きです(^^)    

また、本来なら3回ぐらいに分けて紹介する分量なのですが、今回は1回で紹介するダイジェスト版です。最もダイジェスト版とは言え相当長くなってしまいましたが・・・(^^;

写真を紹介していきます。

8月11日
大阪を出発して「さわやか信州号」で穂高に着いたのは早朝4時台、まだ暗い時間帯でした。それでタクシーで登山口の一の沢に移動して5時30分頃には歩き始めればと思いまして、穂高駅前に駐車しているタクシーに「常念岳登山口の一の沢までお願いします」と言ったらタクシーの運転手、「いや、中房温泉なら行くけど一の沢には行かないよ」との事・・・なんと乗車拒否にあってしまいました
別のタクシーも同じ対応、そりゃあ、一の沢に行くより中房に行った方が稼ぎにはなるだろうけど、まさか乗車拒否されるとは思っていませんでした。
それで「参ったなあ、どうしようか・・・」としばらく駅前で途方に暮れていたら、運転手の一人が「どこまで行くの」と声をかけてくれて「一の沢まで」と伝えると「じゃあ、行ってあげるよ」と言ってくれましたので、何とか登山口に向かう事ができました。
※乗車拒否、今はそのような事はないと思いたいです

本来だと車は一の沢登山口まで入れるのですが、この時は道路が工事中で登山口の手前でタクシーを降りました。
降りた所でまずはパチリと。時間は5時39分、お天気は良さそうです(^^)
IMG_7666.jpg

登山口までは20分ちょっと歩いたと思います。
登山口で準備をして6時14分、常念小屋のある常念乗越を目指してスタートです
IMG_7673.jpg

沢沿いの登山道を歩いて11時00分、ガスに覆われた常念乗越に到着。背後の屋根が常念小屋です
IMG_7698.jpg

それでも14時前後には槍ヶ岳も姿を見せてくれました
IMG_7718.jpg

一方、常念岳は山頂方向を見るとガスがかかっていたので、登るのは翌日朝にしてこの日は常念小屋で過ごしました。

8月12日

朝食を済ましてから常念岳に登ります。
5時30分、晴れました。槍ヶ岳、きれいに見えています(^^)
IMG_7730.jpg
こちらは反対側だと思います
IMG_7732.jpg
山頂に向かう途中、穂高連峰。左から奥穂・涸沢岳・北穂
IMG_7747.jpg
槍ヶ岳から穂高
IMG_7750.jpg
富士山もバッチリ見えました。右は南アルプス
IMG_7757.jpg
6時52分、常念岳山頂です
IMG_7761.jpg

山頂からの眺めです。
遠くに左、御嶽山、その右、乗鞍岳。手前に梓川
IMG_7762.jpg
雲海の向こうに左、八ヶ岳、富士山、右、南アルプス
IMG_7765.jpg
蝶ヶ岳方面
IMG_7766.jpg
奥に立山・剱岳です
IMG_7767.jpg
後立山連峰の山々
IMG_7768.jpg
山頂は天気も良かったので登山者は多かったです
IMG_7775.jpg
立山・剱岳の横の三角の山は針ノ木岳
IMG_7779.jpg
裏銀座の山々
IMG_7782.jpg
槍ヶ岳
IMG_7793.jpg
穂高連峰
IMG_7794.jpg
常念岳山頂での写真、ラスト。影は私です(^^;
IMG_7805.jpg


8時52分、常念小屋前です。
この日の宿泊地・大天荘目指してスタートです(^^)
IMG_7815.jpg

常念小屋を出発して30分ぐらい歩いたところでパチリと。常念小屋が小さくなりました。そして常念岳山頂への登山道もわかりますね
IMG_7823.jpg

歩きながら
IMG_7828.jpg
涸沢カール、涸沢ヒュッテも見えて雪も結構残っています
IMG_7837.jpg
縦走路は歩きやすい道が続きます
IMG_7843.jpg
道標
IMG_7848.jpg
お花畑
IMG_7852.jpg
このような景色を見ながら歩きます。天気も良くまさに稜線漫歩
IMG_7857.jpg
双六岳・三俣蓮華岳だと思います
IMG_7859.jpg
槍ヶ岳。穂先の横に小槍が見えています。尾根は北鎌尾根かと。
IMG_7862.jpg
11時48分、大天荘です。ゆったりノンビリプランでの山歩きなのでこの日の行程はここまでです(^^)
小屋のすぐ背後が大天井岳頂上です
IMG_7869.jpg
槍・穂高です。手前は槍に向かう表銀座縦走路
IMG_7879.jpg
大天井岳頂上です
IMG_7904.jpg

18時39分、テント場からの槍・穂高
IMG_7907.jpg


8月13日

朝5時00分、ご来光です
IMG_7931.jpg
穂高連峰に朝日、モルゲンロートです(^^)
IMG_7941.jpg
槍・穂高
IMG_7949.jpg
再び大天井岳頂上です。小屋のすぐ近くなのでサッと行くことが出来ます
IMG_7955.jpg
この日も富士山が望めました
IMG_7959.jpg
立山・剱岳。常念岳から撮るよりもいくらか大きく撮れます
IMG_7969.jpg
後立山連峰の山々。双耳峰の山は鹿島槍ヶ岳
IMG_7970.jpg
裏銀座の山々
IMG_7974.jpg
雲海の向こうに浅間山
IMG_7976.jpg
槍ヶ岳をアップで
IMG_7980.jpg
チングルマです
IMG_7989.jpg

大天荘を出発したのは6時45分頃だと思います。山での出発としては遅い方なんですが、燕山荘までなのでこの時間でも余裕です(^^)

歩き始めは下りです
IMG_7991.jpg
真ん中に目的地の燕山荘
IMG_7992.jpg
切通岩のハシゴとクサリ場です
IMG_7998.jpg
下った所に槍ヶ岳への道を切り拓いた小林喜作のレリーフがあります
IMG_8003.jpg
ハシゴ、クサリ場を超えて縦走路を進みます。
その途中で咲いていたのがコマクサ
IMG_8019.jpg
IMG_8021.jpg
振り返って大天井岳と槍ヶ岳
IMG_8026.jpg
この日も好天で二日連続で稜線漫歩です(^^)
IMG_8028.jpg
振り返って槍ヶ岳、右には双六岳に三俣蓮華岳
IMG_8032.jpg
燕山荘までの道も歩きやすい道が続きます
IMG_8035.jpg
これはハクサンフウロ?
IMG_8041.jpg
ウサギギクかな
IMG_8042.jpg
再び大天井岳と槍ヶ岳、大天井岳も遠くなりました
IMG_8047.jpg
9時04分、大下りの頭です
IMG_8049.jpg
裏銀座の山々
IMG_8055.jpg
尾根の向こうに笠ヶ岳
IMG_8058.jpg
富士山もまだ見えました
IMG_8064.jpg
縦走路です
IMG_8065.jpg
大きな荷物を背負った登山者が通過していきました。目指すは槍か常念かどちらだろう。
IMG_8066.jpg
燕山荘まであと一登り・・・でも、一登りと言いつつそこそこしんどかった記憶がある(^^;
IMG_8077.jpg

10時18分、燕山荘到着、小屋前でパチリ。この日の行程は終了です(^^)
ちなみに燕山荘と燕岳には10回以上来ていますが、この時が初めてでした
IMG_8086.jpg
小屋の近くで咲いていました。トリカブトですね
IMG_8087.jpg
後は小屋に荷物を置いて空身で燕岳に向かうのですが、ガスが出てきました
IMG_8097.jpg
燕岳山頂です。ちょうどこの山頂の手前でこの前紹介したライチョウがいたんですよね
IMG_8114.jpg
小屋に戻る途中で見かけたのがウサギギク
IMG_8126.jpg
ハクサンフウロ
IMG_8128.jpg
そしてクルマユリです
IMG_8130.jpg


8月14日

4時48分、朝焼けです
IMG_8152.jpg
富士山、右に南アルプス
IMG_8157.jpg
燕岳
IMG_8166.jpg
天気が良かったので朝食後に山頂に向かいました。
その途中で槍ヶ岳
IMG_8168.jpg
裏銀座の山、鷲羽岳だと思います
IMG_8184.jpg
大天井岳
IMG_8185.jpg
ここから燕岳山頂での写真だと思います。後立山連峰の鹿島槍ヶ岳
IMG_8195.jpg
手前が北燕岳、その向こうに立山・剱岳
IMG_8196.jpg
北アルプス北部の山
IMG_8200.jpg
槍・穂高連峰
IMG_8205.jpg
燕山荘
IMG_8215.jpg
穂高連峰
IMG_8218.jpg
雲海の向こうに浅間山
IMG_8226.jpg
燕山荘に戻る途中でパチリと
IMG_8232.jpg
イルカ岩と槍ヶ岳
IMG_8242.jpg

燕山荘に戻って、
7時15分、中房温泉登山口へ下山開始です。

下山途中でパチリと
IMG_8258.jpg
IMG_8260.jpg

8時02分、合戦小屋です
IMG_8270.jpg

合戦小屋を過ぎると後は樹林帯の下りになるのですが、途中の富士見ベンチからはその名の通り富士山が望めました
IMG_8274.jpg

10時42分、中房温泉登山口に到着です(^^)
IMG_8282.jpg

後は近くの有明荘でお風呂と昼食を済ましてから乗合バスで穂高駅へ。穂高駅からJRで松本駅、その松本駅で国鉄色の381系振子式特急形電車を見かけました
IMG_8299.jpg

そして、この日は松本市内のホテルで泊まって翌日、大阪に帰りました。

平成19年(2007年)8月、常念岳・大天井岳・燕岳縦走でした

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 174

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
面白い 面白い
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

2020年05月04日 16:21
ブログを始める前の登山の写真ですか。
真夏の絶好の天気の山登りだったのですね。素晴らしい絶景をたくさん見せて頂きました。常念岳から見る穂高連峰、剣岳、槍ヶ岳、富士山などなど、感動的ですね。燕岳からの浅間山も、本当に神々しいです。
こんな登山、憧れます。
narayama2008
2020年05月04日 16:48
ミクミティさん、こんにちは。

はい、緊急事態宣言で外出も自粛という事で新しいブログネタも出来そうもないので、当分はブログを始める前の写真の中から景色の良かった時、そうなると登山で天候が良かった時の写真になるのですが紹介していこうかと思っております。
この時は真夏の登山でしたが登山中の天気は好天に恵まれました。夏山ですので午後になるとガスで真っ白という事もありましたが、歩いている時は稜線漫歩という言葉が相応しい気持ちのいい山歩きとなりました(^^)
やはり頂上に着いてからの展望は感動しますね。「登って良かった」と思う瞬間です。燕岳からの浅間山、雲海の中に浮かんで神々しく見えますね。

新型コロナが早く収束して安心して登山が出来るようになってほしいですね(^^)
2020年05月04日 18:55
こうして過去の山行きを振り返るのも良いですね。
当時のことが思い出されると思います。
この日も天候に恵まれて素晴らしい景色ですね。
私もブログ始める前の
九州の山々の写真とかあるのですが・・・
振り返ってみようかと思いました。
narayama2008
2020年05月04日 20:25
torさん、こんばんは。

はい、過去の山行きを振り返ると当時の事が思い出されて懐かしく感じますね(^^)
今振り返ってもこの時はホント、天候に恵まれたなあと思います。歩いている時はガスも出なかったので景色も良く稜線漫歩という感じで楽しい山歩きでした。
torさんもブログを始める以前の九州の山々の写真があるのですね。アルバムを見るような感じで振り返るのもまた楽しいと思います(^^)

2020年05月05日 00:12
こんばんは

見事な景色ですね。
綺麗ですね〜。
気持ちいいでしょうね。
行ってみたいです。
振り子式のしなの、まだ走ってるんですか!
2020年05月05日 01:39
いい山行でしたね。
タクシーの乗車拒否ってあるんですねぇ。
でもその後親切な運転手に当たってホッとしました。
余裕たっぷり、ノンビリと素敵な縦走だったと思いました。
こういう計画なら事故は起きにくいと思います。
しかもお天気に恵まれたのが何よりでした。
槍・穂高など北アなどの山々を眺め、高山植物を愛で、雷鳥を見て、幸せいっぱい。
燕山荘から下山後、松本に出てもう一泊とはさすがです。
私は同月木曽駒に登りました。
narayama2008
2020年05月05日 09:17
トトパパさん、おはようございます。

この時も好天に恵まれて気持ちのいい山歩きとなりました(^^)
特に朝はガスも出てないので、遠くまできれいに見えました。
やはり天気のいいときの山は最高ですよ。
この時に歩いたルートは登山装備が必要になるのですが、立山黒部アルペンルートや上高地・白馬の栂池自然園、八方尾根などご家族で気軽に行けていい景色を見れるところも有るので、ぜひお出かけくださいませ(^^)
振子式のしなの、写真の381系はもう中央本線では運転していませんが、後継の383系振子式電車が運転されています。
narayama2008
2020年05月05日 09:26
トンキチさん、おはようございます。

この時も好天に恵まれて気持ちのいい山歩きとなりました(^^)
タクシーの乗車拒否はまさかでした。駅前で途方に暮れていましたが、一の沢まで行ってくれる運転手さんがいて登山口に入ることが出来ました。

今回は初めての縦走でしたので、山小屋3泊にしたのですがこれが正解でした。やはり夏山なので午後はガスで真っ白になったりしていたので、2泊のプランだとガスの中を歩くことになったと思います。そうなれば景色は見れなくて稜線漫歩とはならないところでした。
なにより余裕があれば事故も起きにくいですよね(^^)
午前中の早い時間はガスも出てないので、北アルプスの絶景を見ながら、道沿いには高山植物が咲いていての山歩きでした。それにライチョウも見れました(^^)
下山日に大阪にそのまま帰るのはしんどいなあと思いまして、松本でもう一泊しました。
まあ、ゆったりしすぎですよね(^^)

トンキチさんは木曽駒に登られたのですか。木曽駒も天気が良ければ眺めは素晴らしいのでしょうね。私は一度だけ登ったことがありますが、悪天候で全然展望はなかったです。また天気のいいときに再チャレンジしたいと思っています(^^)
biore-mama
2020年05月05日 15:20
こういうお写真を見ていると、山が呼んでいるような気がしますね~♪
燕岳、行ってみたいところです。
義妹が常念岳・大天井岳・燕岳縦走のコースを勧めてくれて
いつか一緒に行こうと言ってたんですけどね
今年は無理かな???
こちらで予習させていただきますね。

槍ヶ岳、どこからでも見えますね。
登りたかったなぁ。
narayama2008
2020年05月05日 16:42
biore-mamaさん、こんにちは。

はい、こういう景色を見ているとまた行きたくなりますね(^^)
燕岳は眺めも良くて高山植物も周辺にはたくさん咲いています。それにライチョウも見れるかも知れません。燕山荘も登山者に人気の山小屋できれいですよ。ぜひお出かけくださいませ。
義妹さんが常念から燕岳の縦走を勧めてくれたことがあるんですね。縦走路は北アルプスでは歩きやすくて、それに景色もいいのでおススメです。

槍ヶ岳はランドマークみたいな山ですよね。富士山と並んで真っ先に探す山ですよね(^^)
昨年、槍ヶ岳登山は悪天候で断念されたんですよね。今年は新型コロナの影響で山小屋での宿泊を伴う登山は難しいかも知れませんが、安全に行けるようになりましたらぜひ槍ヶ岳登山、再チャレンジしてください
2020年05月05日 21:49
連日 お天気に恵まれた素晴らしい山旅だったのですね。
お天気がいいと それだけでありがた~~い気持ちになりますものね。

うちは 穂高の民宿で1泊し、そこの車で登山口まで連れて行ってもらい常念1泊から蝶1泊へ縦走でした。
右手にアルプスのパノラマを眺めつつ上高地へ下りました。
燕は2003年に行きましたが 大天井へ縦走する予定だった様ですが車のトラブルで中房温泉1泊 ~燕山荘1泊で下山しました。
いや~ 今回の写真を拝見して縦走しなくってよかった~と思いましたよ(笑)
うちは私が普通以下の歩みなので とにかく泊まれるところは泊まるというのんびり山旅です。
途中で写真を撮る余裕がないので楽しませていただきました。
narayama2008
2020年05月05日 22:46
コマダムさん、こんばんは。

はい、縦走中はお天気に恵まれたまさに稜線漫歩と言った山歩きとなりました(^^)
朝を迎えてお天気はどうかな~と外を見て快晴だとホント有難く思いますよね。

コマダムさんは常念から蝶へ歩かれたんですね。その区間は私はまだ歩いたことがないんですよ。右手にアルプスのパノラマを眺めつつ上高地に下山、イイですね~。私も歩いてみたいです(^^)
燕には2003年に登られたんですね。車のトラブルで大天井へ縦走予定が中房温泉1泊、燕山荘1泊に変更になってしまいましたか。中房温泉は確か温泉がたくさんあるんですよね。それに秘湯という感じがしていい温泉ですよね。登山口で泊まる時は燕山荘のポイントを集めているので手前の有明荘に泊まる事か、もしくは駐車場での車中泊になるのですが中房温泉も1度はぜひ泊まってみたい宿です(^^)
私も初めての縦走でしたので山小屋に各駅停車で歩きました。これだと午前中で行動が終えるのでガスに巻かれることもないので助かりました。

こちらこそ、拙ブログをご覧頂きありがとうございました。
2020年05月06日 08:15
おはようございます。
懐かしの山旅ですね~!
素晴らしい天気に富まれ、体調も良好よう、景色を堪能されたようで何よりです!
出だしの乗車拒否はビックリでしたが・・中房温泉なら帰りの客も多いでしょうし。
 予約で了される方が多いようですね・・これだと乗車拒否できない!?。

私は妻と2人で逆コース、新表銀座として歩いた事があります、秋の10月初めで、常念岳から蝶ヶ岳、上高地へ降りました。
私は横浜在住ですので、家を朝立ち、穂高駅からタクシーで中房温泉、その日のうちに燕山荘・・・もう20数年前の話で若かったです。
narayama2008
2020年05月06日 10:02
MORINOBUNAさん、こんにちは。

はい、懐かしの山旅シリーズです(^^)
外出自粛で新規のブログネタも出来そうもないので、過去の写真の中から特に登山に出かけて景色が良かった時の写真をアップしました。
この時も天気に恵まれてまさに北アルプスの景色を眺めながらの稜線漫歩といった山歩きとなりました。
穂高駅でのタクシーの乗車拒否、まさか拒否されるとは露ほども思っていなかったので正直困りました。幸い行ってくれる運転手さんがいたので助かりましたが、予約をしておいた方がいいですね。

MORINOBUNAさんは奥様と常念岳から蝶ヶ岳を経て上高地に下りられたのですね。10月初旬だと紅葉が見頃で山が一番美しい時期ですね(^^)
横浜にお住まいだと朝に家を出ればその日の間に中房温泉から燕山荘に入れるんですね。
首都圏は関西からと比べて北アルプスの登山口へは時間がかからないのでいいですね。関西からだと行きも帰りも時間がかかるので少々疲れます(苦笑)
2020年05月06日 12:11
初っ端の乗車拒否には驚きますね。
登山者の大切な足やのに…
でも、心温かいドライバーさんが居られて良かったですね。
やっぱり、日頃の行いがイイからですね。(^^)

常念乗越でも天気はイマイチやけど、その後は、素晴らしい晴天。
翌朝の常念山頂では、これ以上ないというイイお天気。
この山頂は、360℃のパノラマやから、ずーっと眺めていて飽きないですね。
でも、山頂は狭いから、次の方に譲らないといけないし。(^^ゞ
富士山も見えたんですね。
ボクも槍や穂高の山々とはご対面できましたが、こんなに綺麗には見えへんかった。(^^ゞ
この日も、終始快晴。
間近の大天井岳、イイですね。
翌朝のご来光と朝焼け、これぞ、高山の醍醐味ですね。
ホンマ、ウットリです。(^^)
そして、燕岳へのルートも、気持ち良過ぎます。
コマクサを始め高山植物のお出迎えも嬉しいですね。
翌朝の朝焼けにもウットリ。
二日続けて、こんなのが見られるんですから素晴らしいです。
燕岳山頂からの眺めは、常念山頂とは雰囲気が違いますね。
それだけ歩いて来たんですねぇ…
いやぁ~、5日間の素晴らしい登山のダイジェスト版、素晴らしいです。
これを見ると、じっくりと本編が見たくなりますね。(^^ゞ
narayama2008
2020年05月06日 16:14
yoppy702さん、こんにちは。

穂高駅前でのタクシーの乗車拒否、まさかの出来事でした。ホント、どうしようかと途方に暮れていたら一人の運転手さんが声をかけてくれて、それで一の沢登山口に入ることが出来ました。今はそのような事はないと思いますが、念のために予約をしておいた方が安心ですね。

常念乗越に着いた時はすでにガスで覆われていました。それでも槍ヶ岳は姿を見せてくれた時間帯もあったのですが、常念岳山頂方面はずっとガスに覆われたままでした。これも夏山らしいですね。
翌日はこれ以上ない好天でした(^^)
山頂からの眺めは360度の絶景ですね。富士山や御嶽山まで望むことが出来ました。
やはり山頂からの眺めは朝の方がいいですね。

大天井岳ではご来光を見れました。それに槍・穂高のモルゲンロート、きれいでしたよ(^^)
燕岳へのルートも天気が良いと展望も良くてそれに道端には高山植物、まさに稜線漫歩という感じで歩いていて楽しい道です。
燕岳山頂からの眺め、常念岳とは雰囲気が違いますね。常念からは遠くに見えた立山・劒もこちらでは大きく見えます。

ダイジェスト版ではすっくりクッキリした風景の写真をメインでしたが、仮に本編があったとすれば山小屋に着いてからのガスに覆われた山や登山道の写真が増えたと思います(苦笑)

2020年05月07日 22:06
こんばんは!
2018.8.6~8、2泊3日で同じコースを歩きました。
1日目は夜行バスで眠れず、暑さも厳しく辛かったです。
2日目は燕山荘までが日陰がなくて暑かったし、道中も長かった。
今度行くときは大天井で1泊します。
今年の夏山はどうなることかと心配しています。
narayama2008
2020年05月08日 00:57
かっちゃんさん、こんばんは。

かっちゃんさんも同じコースを歩かれたんですよね。ブログで紹介されていたのを覚えています。
夜行バス利用だと朝早く登山をスタート出来るのでいいのですが、あまり眠れないというのがつらいですよね。8月上旬だと北アルプスといえど暑いですね。特に常念から燕は森林限界を超えたところを歩くので、日陰もなく私も結構日焼けをしました。日焼け止めを持ってくれば良かったなあと思いました(^^;
常念から燕はその日の間に歩ける距離ですが、大天井で泊まると1日の行程が午前中で終えることが出来るのでラクですよ。それに夏山の午後から湧いてくるガスの中を歩かずに済みます(^^)
北アルプスの山小屋はどこも7月上旬まで休業するみたいですね。山小屋は相部屋が多いですから再開しても大変だと思います。早く新型コロナが収束して安心して登山が出来るようになってほしいですね。