新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳登山(4)

(4)では今回の登山の残り、双六小屋から新穂高温泉到着までになります。 8月3日(土) 山小屋の朝は早いです。この日も3時半ごろから起きだす人もいて私も目が覚めました。 朝食は4時20分からだったと思うのですが食堂に行ってみると大行列・・・この回には間に合わなくて5時20分の回となりました。という事で部屋に戻りました。そして、 4時38分、部屋の窓からパチリと 今度は外に出てパチリです。 4時44分、鷲羽岳方面です 4時47分、双六小屋です 5時11分、ご来光は見損ねた・・・ 朝食の時間となりましたので食堂に向かいました 6時15分、新穂高温泉に向けて出発です。 小屋前から。雲の中から陽が射しこんでます 広角で撮るとこのような感じ 赤い屋根は三俣山荘 テント場です 一番遠くに見えるのは笠ヶ岳かな 6時40分、槍・穂高連峰が見えた! 皆さん、このあたりから写真を撮っていました。 槍ヶ岳をアップで。 手前の尾根は西鎌尾根。一度はここを歩いて槍に行ってみたいなあ。中盤まではアップダウンの繰り返し、そして後半は急登という感じですね 6時50分、遠くの山まで見えています アップで。右奥に頂上だけ見えるのが笠ヶ岳、左の山が抜戸岳かと・・・ 雲海の向こうに見えるのは白山??? 再び槍ヶ岳 6時55分、くろゆりベンチから。2枚 7時09分、今日はずっと槍・穂高が見えていました{%うれしいwebry…

続きを読む

新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳登山(3)

(3)では双六小屋から双六岳へ、更に稜線を歩いて三俣蓮華岳まで歩きます。そこからは巻道コースを歩いて双六小屋に戻ってくるまでを紹介します。 双六小屋で25分ほど休憩して、 8時55分、出発です。道標に従い「双六岳・三俣方面」に入ります 斜面に花が咲いていました 少し登った所で振り返ってパチリと。小屋が双六小屋です 鷲羽岳ですね。その左側の山は祖父岳?奥は水晶岳だと思います 9時15分、巻道分岐を通過。三俣蓮華岳からの戻りはここに出てきます。 9時18分、中道分岐を通過 コバイケイソウがたくさん咲いていますね 黄色の花も たくさん咲いています 登山道、このあたりは急坂です 今度はチングルマのお花畑(^^) 双六岳は「花の百名山」の一つだそうですが、ホント、たくさんの花が咲いています 右上の丘みたいな所が双六岳頂上 なだらかな道になりました 頂上をアップで 頂上へ一直線の道です 後ろを振り返ってパチリと 10時05分、双六岳山頂(標高2860m)に到着 頂上から、左に三俣蓮華岳への稜線、遠くの右の山が鷲羽岳、左側が祖父岳、更に稜線の先に水晶岳  薬師岳 雲の中に隠れているのは黒部五郎岳 歩いてきた道の向こうに槍ヶ岳が見えるはずなんですが、残念ながらガスで見えません 横でも 10時23分、三俣蓮華岳へ出発です…

続きを読む

新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳登山(2)

(2)では鏡平山荘から双六小屋までを紹介します。 8月2日(金) この日は双六小屋に出て、更に稜線を双六岳から三俣蓮華岳まで歩いて、そこからは巻道コースで再び双六小屋に戻ってきます。 やはり山では皆さん、起きるのが早いですね。私も4時前後には目が覚めました。 朝食を済ましてから鏡池まで行ってみました。槍・穂高が見えれば良かったのですが・・・ 4時52分、鏡池からは槍・穂高は見えませんでした 池の近くで咲いていました 小屋に戻り出発の準備を済まして、 6時01分、鏡平山荘を出発です 登山道で見かけた花です。 コイワカガミ これはツマトリソウ??? 展望はこのような感じ。出来れば朝ぐらいはすっきりと見えれば良かったのですが。 再び花です。 登山道沿いにいろいろ花が咲いているので、その度に立ち止まって写真を撮っていました(^^) 先を歩く登山者が見えていました コバイケイソウです チングルマ 6時29分、弓折中段を通過 花の写真を3枚 出発した鏡平山荘が見えています これはトリカブトかな。この花を見かけたのはこの場所だけでした う~ん、これはヨツバシオガマ・・・かな 6時55分、弓折岳分岐に到着 弓折岳分岐で10分ほど休んで出発です。 これはニッコウキスゲだと思います 標高は2600mぐらいは来ていると思うのですが、この日も暑かったです{%汗(チカチカ)hdeco…

続きを読む

新穂高温泉から双六岳・三俣蓮華岳登山(1)

7月31日から8月3日にかけて岐阜県の新穂高温泉をスタートして北アルプスの双六岳と三俣蓮華岳に登ってきました。 この山域はまだ行った事がなかったので去年も行きたいなあと思っていたのですが、台風等の天候不順で見送り、それで梅雨が明けたこの時期に出かけてきました。 日程は、 7月31日は自宅を車で出発して高山市内のホテルで宿泊。 8月1日は新穂高温泉から鏡平山荘まで。 8月2日は鏡平山荘から双六小屋へ。そこから稜線を歩いて双六岳と三俣蓮華岳へ。三俣蓮華岳からは巻道コース経由で再び双六小屋へ。 8月3日は双六小屋から新穂高温泉へ下山です。 写真もたくさん撮ってきましたので4回に分けて紹介していきます。 (1)新穂高温泉から鏡平山荘到着まで。 (2)鏡平山荘から双六小屋まで。 (3)双六小屋から稜線コースで双六岳・三俣蓮華岳、巻道コースで双六小屋まで (4)双六小屋から新穂高温泉へ下山。 といった感じになると思います。 また、リニューアル後のウェブリブログさん、2万文字制限がなくなったので今回はアップ予定の写真を全部載せて行こうと思います。という事で長くなると思います・・・ (1)では鏡平山荘到着までを紹介します。 7月31日(水) 12時前に車で出発、この日は高山市内のホテルに泊まりました。 8月1日(木) 新穂高温泉スタートなので車で新穂高温泉に来るのが一番いいのですが、登山者用の無料駐車場がシーズン中はほぼ満車だという事なんですね。駐車場を…

続きを読む

リニューアル後という事でテスト投稿です

ウェブリブログさん、ついにリニューアルされましたね。 第一印象はなんだか味気ないブログになったなあと・・・これなら前の方が良かったんじゃないの???という印象です。 今回はリニューアル後のテスト投稿という感じで、ブログを始めた2013年以前の北アルプスで撮った写真を10枚アップしたいと思います これは2006年8月11日、焼岳頂上からの写真です。 ちなみにこの時は上高地から登って、中の湯バス停に下山したのですが下りでヒザはガクガク、水もなくなってヘロヘロになりました・・・それで、やっとの思いで着いた中の湯バス停の売店でスポーツドリンクを2本立て続けに飲み干しました(^^;) 続いて2006年10月9日、涸沢に行った時です。涸沢岳と涸沢槍です。 紅葉目当てに行ったら雪が降っていてビックリでした 2007年8月12日、常念岳山頂からです。この時は常念岳から燕岳まで縦走しました。映っている影は私です(^^;) この縦走の時に燕岳頂上近くで初めて見たのがライチョウさん  2008年8月13日、唐松岳に登った時の写真です。撮影時間が早朝5時09分となっているので山小屋と唐松岳山頂の間で撮った写真だと思います 2009年8月11日、立山でテント泊した時にテント場から虹が見えました この時はテント泊という事で4泊5日で行ったのですが、14日に別山に登った時に見えた剣岳 2009年9月21日、これも立山です。この年は2度立山に行きました。紅葉が進んでいま…

続きを読む

鳥取・大山登山

6月19日に鳥取県の大山に登ってきました。 大山は標高が1,729mで中国地方の最高峰になります。 現在は最高峰の剣が峰までは崩落があって通行禁止、それで第二峰の弥山(1,709m)が頂上となっています。 関西からの大山登山のツアーを見ると日帰りのツアーが多いんですよね。それで「日帰りでも行けるんだなあと」思いまして私も日帰りで行く事にしました(^^) 5時54分、自宅を車で出発、 9時28分、近畿・中国・米子道と走って登山口近くの駐車場に到着。登山の準備を済まして、 9時48分、夏山登山口を出発。今回は夏山登山道の往復です。 大山頂上の案内に従って左へ 歩き始めはこのような石段です 9時55分、大山頂上まで2,8km (`・ω・´) お地蔵様 登山道です 10時04分、大山一合目の道標を通過。一合目から九合目まで道標があって、自分がどの区間を歩いているのかわかりやすいです(^^) 10時08分、標高900mの道標を通過。100m毎に標高の道標もあります ブナ林が広がってます 10時19分、標高1000m地点を通過 登山道。結構段差があったりします(^^;) それに急登が続きます(^^;) 10時50分、標高1200m地点を通過 開けた所があったのでパチリと。 10時57分、五合目を通過 途中で見かけた花 11時00分、行者谷分かれに到着。頂上まで1.4kmです 11時13分、大山六合目に到着。六合目には避難小屋もあって休憩で…

続きを読む

奈良・矢田丘陵を歩いて矢田寺へ(1)

6月5日に奈良県の矢田丘陵を歩いて矢田寺に行ってきました。 矢田丘陵は法隆寺を南端に南北に連なる丘陵で、途中には松尾山と矢田山、それに松尾寺と矢田寺と言った名刹・古刹があります また今回の目的地の矢田寺はアジサイ寺ともいわれる関西のアジサイの名所でもあります。 矢田寺へはアジサイの季節になると足を運んでいるのですが、いつも近鉄郡山駅から路線バス利用でしたので今年は矢田丘陵を歩いて矢田寺に行ってみようと思った次第です。 歩いたルートはJR法隆寺をスタート、法隆寺→松尾寺・松尾山→矢田寺というルートで矢田山はパスです。 写真もたくさん撮りましたので2回に分けて紹介ます。 (1)では矢田寺到着までになります 7時23分、JR法隆寺駅を出発です。まずは法隆寺を目指します 7時41分、法隆寺です 法隆寺の南大門です 南大門を抜けると五重塔が見えています 日本最初の世界文化遺産 法隆寺の石碑です 今回は法隆寺参拝が目的ではないので、東大門に進みます 東大門を抜けるとすぐに左です。左・松尾道の道標がありますが次は矢田丘陵の松尾寺を目指します。 このような道です お地蔵様(^^) 8時03分、この池は天満池です 法隆寺を望遠でパチリと この神社は斑鳩神社 松尾寺・松尾山2.1kmの道標 松尾寺への丁石ですね フェンスの両側はゴルフ場です 8時21分、道が二つに分かれますが左の道を歩きます。ここから山道になります 8時23分、十丁…

続きを読む

六甲山系・摩耶山登山

5月5日に六甲山系の摩耶山に登ってきました。 ルートは新神戸駅をスタート、天狗道を歩いて摩耶山へ。下山は青谷道経由で阪神電車岩屋駅へとなります。 昨年のGWにも今回と同じコースを歩いていますが、前回とは逆コースで歩いてみることにしました。 7時50分、スタートの神戸市営地下鉄新神戸駅です。改札横のファミマでお弁当を買いました(^^) 案内図に今回歩いたルートを水色の線で入れてみました 8時04分、布引の滝です。2枚アップ さらに見晴し展望台から 途中、ツツジが咲いていました 布引貯水池の堰堤 8時25分、布引貯水池です 貯水池沿いに歩きます このあたりは平坦な道です 道標に摩耶山と出てきました(^^) 8時46分、市ケ原の櫻茶屋前に到着。ここで10分ほど休憩です 9時05分、天狗道への分岐です 分岐の所からパチリと。新緑がまぶしいですね(^^) 天狗道へ入るといきなり急登でした 9時25分、布引ハーブ園への分岐 更に先に進むと案内板があってこれから稲妻坂に差し掛かるようです 稲妻坂は少し下ってからの登り返しでした。 このあたりは平坦な道なので稲妻坂は終わったみたいです 9時44分、学校林道への分岐を通過 気持ちの良い道です(^^) 10時10分、案内図を見るとあともう少し、10時30分前後には着くかなあと、この時は思いました・・・(^^;) 掬星台の近くで。桜・・・ですね 10…

続きを読む

北アルプス・表銀座縦走路を歩いて槍ヶ岳へ(4)

(3)の続きです。 (4)では槍ヶ岳山頂からの眺めと上高地までの下山時に撮った写真を紹介します。 まずは、これから。 小屋は槍ヶ岳山荘です。ガスがかかっている所に笠ヶ岳 奥が穂高連峰、穂高へも縦走路があります。しかし大キレットという北アルプス有数の難所を越えなくてはなりません 中央に焼岳 小さくですが下の方に鏡平山荘が写っています。という事は遠景は北陸方面ってことになるのかな・・・ 西鎌尾根です。通じている山は双六岳だと思います。 9月初旬あたりに双六岳や三俣蓮華岳方面に行きたかったのですが、台風等天候が安定しなかったので行けず仕舞いでした・・・また来年ですね 真ん中奥に見えるのが薬師岳 スタートした燕山荘がガスの中に見えていました 右・常念岳。手前に歩いてきた東鎌尾根 常念岳をアップで 遠方に後立山連峰の山 アップで。白馬岳や鹿島槍ヶ岳だと思います 笠ヶ岳にかかっていたガスが取れましたね 右が上りのハシゴ、左が下りのハシゴです 頂上には30分以上いたと思います。 15時29分、下りてきました 槍ヶ岳山荘前で休憩してからヒュッテ大槍に戻ります。 戻りは東鎌尾根ルートではなく殺生ヒュッテ前を通って戻ります。 16時21分、殺生ヒュッテです 16時38分、これはどこから撮ったんだっけ・・・たぶんヒュッテ大槍付近だと思います。 5年前に参加した時はヒュッテ大槍に着く頃には暗くなってヘッドライトをつけて歩い…

続きを読む

北アルプス・表銀座縦走路を歩いて槍ヶ岳へ(3)

(2)の続きです。 (2)の終わりに(3)ではヒュッテ大槍到着までを紹介しますと書きましたが、槍ヶ岳山頂到着までを紹介します(^^;) 9月26日(水) この日の行程は大天荘→大天井ヒュッテ→ヒュッテ西岳→(東鎌尾根を歩いて)→ヒュッテ大槍、ここでザックを置いて軽装で槍ヶ岳往復→ヒュッテ大槍に戻るということで10時間以上歩く事になりますので、朝食は4時30分、出発予定は5時30分です。 5時30分、出発の準備を済まして外に出てみるとこのような風景でした。雲海が広がっています 5時40分、スタートです。大天荘からは大天荘支配人の榊さんもガイドして加わり5名の参加者プラス、ガイドさん2名の計7名で歩きます。 槍ヶ岳とお月さま(^^) 山に陽が当ってきました。天気は良さそうです この小屋は大天井ヒュッテです 雲海が谷を埋め尽くしています。山は裏銀座の山々です 6時19分、大天井ヒュッテ到着、ここで休憩です キャンセルしようかどうか迷っていたあの天気予報は一体何だったのかと、思うくらいの好天です(^^) 紅葉の中を歩きます 7時12分、これはビックリ平という案内板を過ぎたあたりで撮った写真ですね。槍ヶ岳を横と縦で 雲海に浮かぶ右・針ノ木岳、左に剱岳 7時15分、裏銀座の山々 7時20分、槍・穂高連峰、表銀座縦走路は天気が良ければどこもビューポイントなんですが、このあたりは特に良いですね 7時49分、ここから右下に先ほど休憩をし…

続きを読む

北アルプス・表銀座縦走路を歩いて槍ヶ岳へ(2)

(1)の続きです 13時17分、荷物を置いて燕岳頂上に向かいます。 頂上に行く途中で めがね岩です。大天井岳と槍ヶ岳も見えています 13時41分、燕岳頂上です 山頂から見えたのはまずは北燕岳 立山に 剱岳 後立山連峰の鹿島槍ヶ岳、手前に爺ヶ岳。あちらも紅葉が見頃みたいです 針ノ木岳 北アルプス北部の山々です。鹿島槍の向こうには白馬岳も小さくですが見えています 燕山荘に戻る途中でイルカ岩と槍ヶ岳 裏銀座の山々 有明山です。手前は登ってきた合戦尾根 合戦尾根をアップで ゴリラ岩と燕岳 一旦、小屋内に戻って喫茶ルームで頼んだのがケーキセット(^^) 4種類から選べます いちごとブルーベリーのケーキを頼みました 再び外で写真を撮りました。 遠くにうっすらとですが八ヶ岳と南アルプスが見えています 八ヶ岳をアップで 続いて南アルプスをアップで ヘリポートから。手前にナナカマド 手前が有明山、遠くに見えるのは浅間山かなあ??? 穂高連峰。ガスってないので眺めは良かったです 槍ヶ岳・穂高連峰、手前の稜線を歩いて槍を目指します。 右・槍ヶ岳、左・常念岳まで、北アルプス南部の山々 この後は夕食で今回参加された方々との顔合わせです。 皆さん単独での参加で男性が私を入れて3名、女性が2名、キャンセル続出の中での参加ですから健脚の方ばかり・・・実際、ストックを使っていたのは私だけで他の方はストック無しで歩かれていました(^^;) 9…

続きを読む

北アルプス・表銀座縦走路を歩いて槍ヶ岳へ(1)

9月23日~27日にかけて燕山荘主催・槍ヶ岳登頂 表銀座縦走ツアーに参加して槍ヶ岳に登ってきました。 この表銀座縦走路を歩くのは平成25年以来5年振りになるのですが、前回も燕山荘さん主催のツアーに参加しての山歩きでした。この縦走路、表銀座というだけに人気のあるルートなんですが私の技量では単独で歩くにはちょっと不安もありますので、今回も前回同様燕山荘さんのツアーに参加しての山歩きになります(^^;) この表銀座縦走というのはWikによると・・・ 北アルプス山麓の中房温泉を起点とし、合戦尾根を登り常念山脈を大天井岳まで縦走し、東鎌尾根の喜作新道を経て槍ヶ岳へ至る登山コースの名称である。 とあります 日程です(燕山荘のHPより) ■1日目  9月24日(月)    燕山荘集合  燕山荘泊 ■2日目  9月25日(火)    朝食後 午前8時  燕山荘出発  大天荘で昼食後、東天井岳往復 午後4時頃 大天荘へ戻る   大天荘宿泊 ■3日目  9月26日(水) 朝食後 午前5時30分 大天荘出発 東鎌尾根を登り、ヒュッテ大槍へ 途中で昼食 午後1時頃 ヒュッテ大槍到着     ヒュッテに荷物を置き、槍ヶ岳登頂(予定)             ヒュッテ大槍宿泊 ■4日目  9月27日(木) 午前9時頃 ヒュッテ大槍にて解散 ご覧のように集合場所は燕山荘、解散は槍ヶ岳近くのヒュッテ大槍ですので、団体で歩くのは稜線歩きの部分だけになります。、…

続きを読む

北アルプス・燕岳登山(3)

北アルプス・燕岳登山(2) の続きです。 7月21日 朝一番の朝食が4時からという事で、3時にはあちらこちらから起きだす人がいてこちらも自然と目が覚めました(^^;) それで、ご来光を見ようと思い外に出ました。 4時06分、この日最初の1枚をパチリと 4時13分、槍ヶ岳です 4時17分、空が赤くなっています 黒いシルエットは有明山です 4時21分、 4時24分、 雲海 一応、富士山もうっすらと写っているんですけど、わかりにくいですね 4時49分、槍ヶ岳・穂高連峰、明るくなってきました 手前は常念山脈 穂高連峰 4時51分、すっかり陽は昇りました。雲でご来光は拝めなかったです 北アルプス北部もスッキリと見えています 鹿島槍ヶ岳 燕岳 右の尖がっている山は烏帽子岳、中央奥に見える山は何という山でしょうね?黒部五郎岳あたりかなあ・・・ 5時00分、朝食です。たぶん朝4時45分からの分だと思います 6時04分、下山の準備をして再び周辺の山の撮影です(^^) まずは裏銀座の山々 槍ヶ岳、快晴ですね アップで 笠ヶ岳 左から双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳、水晶岳ですね 左が鷲羽岳、右が水晶岳 奥に立山 槍・穂高連峰、手前の縦走路に小さく登山者が見えます。こういう日の縦走は楽しいだろうな・・・(^^) 穂高連峰 小屋近くで咲いていた白いコマクサ 良い眺めでした 霞んでいますが南アルプ…

続きを読む

北アルプス・燕岳登山(2)

北アルプス・燕岳登山(1) の続きです。 燕山荘に荷物を置いた後は山小屋内で昼食を済まして燕岳に向かいました。 燕岳周辺にたくさん咲いているのが高山植物の女王と言われているコマクサです。燕山荘の周囲でも咲いているのでパチリと また自然の彫刻と言える面白い岩があります。なんでも花崗岩の風化によって出来たそうです。 その中の一つがこのゴリラ岩 そのゴリラ岩の頭に乗っかっているのは・・・イワヒバリさん(^^) 眺めはと申しますと、まずは槍ヶ岳 それに裏銀座の山々 この写真を撮ったのは13時30分過ぎ、夏ですからやはり午後になるとガスが出てきますね。 燕山荘前です ここでもイワヒバリさん 燕山荘から燕岳頂上までは約30分ぐらいです。 その途中で咲いていました。たぶんチシマギキョウだと思います 頂上への道です 斜面にはコマクサです ちょっと元気のないコマクサ(^^;) 2名の登山者の後ろがメガネ岩です そして標高2,763m燕岳頂上です。周囲の山はガスっていて眺めはあまり良くありませんでした(´・ω・`) 頂上から槍ヶ岳を撮ってみたのですが、槍の穂先は隠れてしまいました こちらの山は北燕岳 燕山荘に戻る途中で・・・ タカネツメクサ コケモモ 色んな形の岩が見られます ウサギギクに クルマユリです 燕岳の奇岩を代表するのがこのイルカ岩 イワヒバリさんの後ろ姿(^^;) コマクサ畑の中でエサ探しでしょうか・・・ ハクサンシャクナゲ…

続きを読む

北アルプス・燕岳登山(1)

7月19日~21日に北アルプス・燕岳に登ってきました。 日程は、 19日、登山口近くの有明荘で宿泊。 20日、中房温泉登山口から燕岳へ。 21日、下山・帰宅 となります。 長くなりそうなので3回に分けて紹介します(^^;) (1)では燕岳の山小屋・燕山荘に到着までとなります。 7月19日 自宅の最寄り駅から近鉄鶴橋駅に出て、名古屋行きの近鉄特急に乗り換えて名古屋に向かいました。 名古屋では12時00分発のJRの特急「しなの11号」に乗り換えて松本駅まで乗ります 「しなの11号」は車内販売はないので昼食は駅弁です。駅弁もまた旅の楽しみですね(^^) 買ったのは復刻弁当、幕の内弁当ですね 松本駅でJR大糸線に乗り換え、穂高駅で下車して中房温泉行のバスで有明荘に向かいます。 15時40分、今夜の宿、有明荘に着きました。ここで標高は1,350mはあるのでさすがに下と違って涼しいだろうと思ったのですが、バスを降りた瞬間に感じたのは「ここも暑い!」というものでした(^^;) 宿に着いてからは温泉に浸かったりしてノンビリと過ごしました(^^) 7月20日 この日は合戦尾根経由で燕岳に登ります(^^) 朝食は6時からでしたので、その前にまた温泉に浸かってから朝食を済ませました。 朝食後は登山の準備をいろいろ行ってから出発です。 7時07分、下山後の着替え等登山に不要な荷物を有明荘に預けて出発 中房温泉登山口までは車道を歩きます。 7時…

続きを読む

青谷道~摩耶山~天狗道で新神戸駅へ

5月6日に六甲山系の摩耶山に登ってきました。 経路はJR灘駅をスタート、青谷道~掬星台(摩耶山)~天狗道から新神戸駅へ下山となります 8時16分、JR灘駅をスタート 8時39分、青谷道の取り付きです ここでも少し高台になるので海が望めます 登山道、最初はこのような感じの道です 歩き始めは渓流沿いなので水の音が心地よいです(^^) 8時55分、観光茶園前を通過 登山道、このあたりは急坂という感じではないのですが・・・ 9時16分、このあたりから急坂が続きます(^^;) このよう感じの道になります 9時20分、道標、結構古い道標のようです たまに平坦な所があるとホッとします それもつかの間、また急坂・・・ 9時49分、摩耶山史跡公園(旧天上寺跡)に到着 ここも石段が続きます 旧天上寺の山門です 山門を過ぎても石段が続くのですが、これが最後の石段。下からみるとちょっとウンザリする石段です この石段を上ると・・・ 10時00分、旧天上寺跡です 眺めも良いです(^^) 天上寺跡からひと登りすると、 10時22分、掬星台(摩耶山)に到着、ここで昼食です(^^) ここからの眺望です。 まずは大阪方面、中央の上の島は六甲アイランド 神戸市街方面、ポートアイランドの向こうは神戸空港 アップで。右端にポートタワーが見えています 左・六甲アイランド、右・ポートアイランド 11時02分、掬星台の近くにある摩耶山頂に寄ってから出発です。ちなみにここからの展…

続きを読む

河内飯盛山を歩いてきました

3月17日に河内飯盛山(標高314m)を歩いてきました。 久々の山歩きなのでどの山に登るかガイドブックを見て考えたのですが、河内飯盛山のコースはスタートはJR四条畷駅、ゴールはJR野崎駅でアクセスも便利、山頂からの眺めも良さそう、歩行時間も2時間45分となっていましたので、久しぶりの山歩きとしてはそれほど疲れることもなく歩けるかなあと思いましてこの山にしました。 写真を紹介していきます。 10時35分、JR四条畷駅を降りて少し歩くと鳥居がありました。四条畷神社の参道です 10時44分、四条畷神社です。まずは四条畷神社に寄ります 四条畷神社の祭神は南北朝時代の武将・楠木正成の子・正行です。 参拝を済ませてから境内での写真をいくつか・・・ 父・正成と子・正行の桜井の別れの父子像です こちらは正行と母の母子像だと思います 本殿だと思います 梅が咲いていました 10時56分、神社を後にして登山道に入ります なかなかの急登です(^^;) 道標です 急な登りはまだ続きます 一応、クサリ場・・・かな 展望の良い所に出ました(^^) ですが、まだ急登は続きます 11時23分、ベンチのある広場に出ました。ここで休憩です。この広場で標高275mになります この広場からの眺めです。 まずは広角で 大阪市街のビル群です。真ん中を横切るのは第二京阪道路 正面、アベノハルカス 京都方面 再び歩き始めて山頂まで0.3キロの道標 ロープの張られた道を上ると・・・ 平…

続きを読む

上高地~徳本峠~島々トレッキングに行ってきました

10月11日~12日にモンベルさん主催の登山ツアー、上高地から超える古道「徳本峠」トレッキング2daysに参加して、上高地から徳本峠を超えて島々まで歩いてきました。 今は上高地へは釜トンネルでサッと入れますが、釜トンネル開通以前はこの島々-徳本峠-上高地のルートが上高地に入るメインルートで、日本アルプスの父と呼ばれるウォルター・ウェストンや高村光太郎、芥川龍之介もこの道を通って上高地に入ったという歴史のある道です。 今回は島々からではなく上高地からですが、前からこの道は歩いてみたいと思っていましたので参加してきました(^^) 日程は・・・ 11日に上高地ビジターセンター前に12:00集合、その日は徳本峠の山小屋、徳本峠小屋で宿泊。 12日に徳本峠から島々谷を島々まで歩きます。 11日のお昼に集合なので前日の10日に塩尻市のルートイン塩尻で泊まって、翌日に上高地に入ることにしました。 写真も撮ってきましたので紹介します。ただメインの12日が雨でしたので撮った写真の枚数が少なくブログは1回に収まりました・・・(苦笑) 10月11日、お天気は晴れです ホテルを車で出発、沢渡の駐車場に車を置いて上高地行きのシャトルバスに乗り換えます。 まずは駐車場から1枚パチリと。川は梓川です バスの車中から大正池 続けてバスの車中から大正池と穂高連峰 バスを降りて昼食を済ませてから集合場所の上高地ビジターセンターに向かいます。 その途…

続きを読む

扇沢から鹿島槍ヶ岳登山、のはずが手前でUターン(3)

(2)の続きです。 (3)がラストです、ということで冷池山荘到着から下山までになります 13時21分、冷池山荘到着 受付を済まして寝床に案内してもらうと、このような部屋でした。ちなみに私が指定された寝床は奥に布団が三つ並んでいますがその真ん中です。 ちょっと甘いものを食べたくなってチョコレートケーキを頼みました(^^) 談話室です 17時00分、夕食です 9月15日 朝食は5時からです この日の予定は鹿島槍ヶ岳を往復した後、種池山荘で泊まります。もっとも予定はあくまでも予定で実際は手前の布引岳までの往復となりましたが・・・(´・ω・`) 鹿島槍ヶ岳を往復する場合は小屋に荷物を置いておけるので、サブザックに雨具・水・行動食を入れて出発です。 5時41分、冷池山荘をスタート 陽が昇ってくる方向をパチリと 5時50分、テント場から立山・剱岳です 立山です 剱岳 お日様に雲がかかっていますね お花も咲いていました。 トリカブト ハクサンフウロ タテヤマアザミ ヤマハハコ ??? チングルマ 浅間山だと思います サラシナショウマ??? ハクサンフウロ、二輪仲良く咲いていましたそしてこれがOM-D E-M1で撮った最後の写真となりました・・・ 次に花の写真を撮ろうとしたらシャッターが切れないトラブルが発生。 設定をリセットしたり、バッテリーを抜き差ししたりしたのですが復活はなりませんでした{%がっ…

続きを読む

扇沢から鹿島槍ヶ岳登山、のはずが手前でUターン(2)

(1)の続きです。 (2)では種池山荘から冷池山荘までを紹介します。 10時45分、冷池山荘に向かって出発です。鹿島槍方面の標識です 山の斜面、秋を感じさせますね~ チングルマです オヤマリンドウ??? 爺ヶ岳です 振り返って左・蓮華岳、右・針ノ木岳 ガスの中に鹿島槍ヶ岳 振り返って劔岳、左の建物は種池山荘です 劔岳を望遠で 爺ヶ岳への道です。黄色く色づいたところもあります 黄色く色づいたところを望遠で 黄色く色づいているのはダケカンバかと・・・ 赤く色づいているのはナナカマドだと思います いい感じで色づいています。バックの山は爺ヶ岳 これから向かう冷池山荘です いい眺めです(^^) 11時41分、爺ヶ岳南峰頂上に到着です。この南峰以外に中峰・北峰とあります 頂上から鹿島槍ヶ岳 爺ヶ岳中峰です 蓮華岳・針ノ木岳方面 ガスの中に劔岳 11時54分、爺ヶ岳南峰出発です ウラシマツツジですね 12時05分、爺ヶ岳中峰分岐を通過。中峰には15日に寄りますので、この日はパスです 先ほど登った爺ヶ岳南峰です 登山道、ハイマツ帯を歩きます 劔岳を3枚アップ。種池山荘からの稜線は立山・劔の展望台といった感じで常に望めます 種池山荘から爺ヶ岳南峰への稜線 谷は地図を見ると棒小屋沢ですね。黒部峡谷で黒部川に合流しています こちらは立山。 左・雄山、中・真砂岳、右・別山だと思います 再び剱岳(^^;) …

続きを読む

扇沢から鹿島槍ヶ岳登山、のはずが手前でUターン(1)

9月14日から16日に北アルプスに山登りに行ってきました。 今回は立山黒部アルペンルートの長野県側の玄関口・扇沢をスタートして柏原新道経由で爺ヶ岳、更に鹿島槍ヶ岳まで行って、また同じルートを戻ってくる予定でしたが鹿島槍ヶ岳の手前の布引岳からのUターンとなりました(^^;) 鹿島槍ヶ岳の手前の布引岳で戻ってきましたのは、布引岳手前まで行った時に使っていたカメラ(オリンパスOM-D E-M1)が突然故障してしまい写真が撮れなくなってしまいました 私の場合、単独で山登りに行く場合は山での写真を撮るというのが大きな目的の一つなので、それが出来なくなった事でテンションが下がってしまい、さらに布引岳に着いた時は周囲はガスで真っ白、風も強く、また鹿島槍ヶ岳には過去2回登った事があるので、今回は頂上まで行ってもカメラ故障で写真は撮れないし行かなくていいか~となってそれでUターンと相成りました(´・ω・`) 緑色の線が歩いたルートです 登山中のお天気の方はまずまずで、カメラが故障するまで写真もたくさん撮りましたので3回に分けて紹介します。 また故障した後はガラケー(スマホではないです)でも多少は撮りました。 日程です。 9月14日 扇沢-種池山荘-爺ヶ岳-冷池山荘 冷池山荘泊 9月15日 冷池山荘から鹿島槍ヶ岳往復後(実際は布引岳まで)、種池山荘まで 種池山荘泊 9月16日 種池山荘-扇沢 自宅へ (1)では扇沢から種池山荘までになります …

続きを読む

針ノ木岳・蓮華岳登山に行ってきました(2)

(1)の続きです。 7月29日 この日は針ノ木岳をはじめ5つの山のピークを通って種池山荘まで歩きます。 まずは朝食です ちょうど食堂のテレビで天気予報を流していたのですが、こんな予報・・・見事に雨マークが並んでいます 5時56分、出発時は雨は降っていなかったのですが、一応カッパの下は着用して針ノ木小屋を出発です。まずは針ノ木岳を目指します。 途中で見かけたお花畑(^^) チングルマですね。ピンクの花はコイワカガミだと思います 続けてお花の写真2枚 今日歩く稜線が見通せました 後を振り返ると昨日登った蓮華岳です 北アルプス南部の槍ヶ岳・穂高連峰が見えました 槍・穂高をアップで。槍ヶ岳と奥穂は頂上がガスっていますけど前穂はギリギリ見えています 見えている湖は高瀬湖です  ウスユキソウ 7時00分、標高2,821m針ノ木岳頂上です(^^) 針ノ木岳からの展望です。 え~と、立山の方向になると思います 眼下に黒部湖です これから歩く稜線。これを見ると一体どこを歩くのかな・・・と思うのですがちゃんと登山道があるんですね 遠景も。一番右の山は爺ヶ岳だと思います 北アルプスの展望が望めたのは針ノ木岳まででした。これ以降はガスってきて展望は望めませんでした。更に針ノ木岳を出てからは雨が降ったり止んだり、その度にカッパの上を着たり脱いだりしていました(^^;) 7時37分、岩場に差し掛かりガイドさんからストックをザックに仕舞っ…

続きを読む

針ノ木岳・蓮華岳登山に行ってきました(1)

7月27日~30日に北アルプスの針ノ木岳・蓮華岳に登ってきました。 今回はパステルツアーさんの登山ツアーに参加しての山旅です(^^) 写真も撮ってきましたので紹介します。 山中2泊3日の登山なのでブログは3回ぐらいに分ける事になるのかなあと、出発前は思っていたのですがお天気があまり良くなくて、撮った写真もいつもより少なく2回となりました(´・ω・`) 7月27日夜、大阪をバスで出発 7月28日早朝の扇沢です。お天気は雨・・・ 今回の登山の行程表です 地図です。御覧のように扇沢を起点に針ノ木雪渓を登って針ノ木峠、その日に蓮華岳を往復して針ノ木小屋で宿泊。翌日は針ノ木岳からスバリ岳・赤沢岳・鳴沢岳・岩小屋沢岳の計5座を歩いて種池山荘までの縦走。そして翌日は柏原新道で扇沢に下ってくる周回コースになります 6時06分、カッパを着て扇沢を出発です。参加者は男性7名、女性9名の16名、それにガイドさんと添乗員さんの計18名になります。 扇沢駅の横に針ノ木岳登山口があります 途中、車道を何度か横断しますのでこのような案内板があります ブナ林との案内板も お天気が良くないので山もガスっています 7時34分、大沢小屋に到着 雪渓です。と言ってもこれはこれから登る針ノ木雪渓ではありません(^^;) こちらが針ノ木雪渓です。これは雪渓に取り付く前です お花も。オオバギボウシかな 10時22分、これは雪渓を歩き終わった後です。カメラのレンズが曇って…

続きを読む

仙丈ヶ岳登山に行ってきました(2)

(1)の続きです 7月9日(日) この日は朝4時頃に起きました。 4時13分、外に出てこの日最初の1枚をパチリと(^^) 甲斐駒ヶ岳の向こうに見えるのは八ヶ岳です その八ヶ岳をアップで お天気も良さそうです 小屋前からの仙丈ヶ岳です 雲海も広がっていました 朝食を済まして仙丈ヶ岳頂上に向かいます(^^) 5時19分、八ヶ岳です。さっきより明るくなりました 遠くに霞んで見えるのは中央アルプス 短い距離ですが雪渓を歩きます 頂上に向かう途中で咲いていました。 ハクサンイチゲ ミヤマキンバイ??? 仙丈ヶ岳の影が伸びていますね 斜面にはお花畑 南アルプス南部の山々も望めます 5時49分、標高3,033m、仙丈ヶ岳頂上です 三角点です 以下、頂上からの眺めです。 少々霞んではいますが、まずは日本最高峰の富士山と2番目に高い北岳のツーショット 更に北岳の右側に3番目に高い間ノ岳のスリーショット(^^) 手前の山の向こう側に鳳凰三山 先が尖っているのが鳳凰三山の一つ、地蔵岳のオベリスク 富士山 左から北岳、間ノ岳更に南アルプスの山々 真ん中あたりに霞んでいますが中央アルプス 中央アルプスをアップで 甲斐駒ヶ岳と鋸岳です。それに眼下に仙丈小屋 雲海が広がっています お花も・・・ イワベンケ…

続きを読む

仙丈ヶ岳登山に行ってきました(1)

7月8日~9日に南アルプスの仙丈ヶ岳に登ってきました。 この仙丈ヶ岳は南アルプスの女王と呼ばれている山になります(^^) ちなみに先月登った北アルプスの燕岳は北アルプスの女王と呼ばれているそうです。 今回はモンベルさんの仙丈ヶ岳登山ツアーに参加しての山旅になります。 モンベルさんのツアーに参加するのは今回で2度目、前回は八ヶ岳の硫黄岳登山ツアーでその時は大阪からバスでしたが、この仙丈ヶ岳登山ツアーは現地集合タイプになります。 写真もたくさん撮りましたので2回に分けて紹介します。 7月7日(金) 集合場所が仙丈ヶ岳登山口の北沢峠に朝9時30分なので前日に麓の仙流荘に泊まりました。 8時過ぎに自宅を車で出発、西名阪・名阪国道・東名阪から名二環の勝川ICで高速を下りて、そこからは高速代を節約しようと思いまして国道19号、さらに木曽路から権兵衛トンネルを抜けて伊那市・高遠町を通って仙流荘に着いたのは15時30分前後でした(^^;) この日の宿、仙流荘です 夕食です(^^) 7月8日(土) 朝食です 仙流荘から登山口の北沢峠行きのバスが出ているのでそれに乗ります。 8時05分発のバスに乗ると北沢峠には9時に着きます。 そのバスの車内から2枚パチリと。お天気は晴れてくれました(^^) 北沢峠です。ここですでに標高2,000mです。 案内板です バス停の近くにお花が咲いていました。ガイドさんが花の名前を教えてくれたのですが・・・なんやったかな(…

続きを読む

燕岳登山に行ってきました(3)

(2)の続きです。 夕食が終わってから、夕日を撮るために外に出ました。 18時58分、まずはパチリと(^^) 小屋前、結構人も出ています 燕岳を右に置いて。遠くに立山が見えています 今度は左に燕岳を置いて。鹿島槍ヶ岳が見えています 槍ヶ岳です 19時06分、裏銀座方向です。この後、小屋に戻ったのですが本当はこの後にすごくきれいな夕日が見れたそうです・・・(^^;) 小屋に戻って食堂に入るとストーブが焚かれていまして・・・ 燕山荘オーナーの山のお話と・・・ アルプホルンの演奏がありました この後は、今回の「ライチョウ観察会」の参加者を対象にガイドの植松さんからライチョウのお話がありました。 6月18日 下山日です。 この日、起きたのは朝4時40分前後でした。朝食は5時からでしたのでそれには間に合ったのですが、本当はもっと早く起きて日の出(確か朝4時前後だったかと)を見ようと思っていたんですが、寝過ごしてしまいました(´・ω・`) 朝食です 朝食後はライチョウさんを探しに出かけます。昨日は燕岳方面に行ったので、今朝は反対方向、表銀座縦走路を探しに出かけます。 まずは小屋前から槍ヶ岳。天気は曇りですね 時間は6時16分ですが、テント組の撤収は早いですね 裏銀座方面 6時33分、槍ヶ岳。曇りですがガスっていないので笠ヶ岳まで見えています 6時46分、槍ヶ岳の穂先が隠れてしまいました。 このような天気の方がライチョウさんと出会う可能性は高…

続きを読む

燕岳登山に行ってきました(2)

(1)の続きです。 (2)では山小屋到着後から夕食までを紹介します。 燕山荘に到着後、すぐにライチョウを探しながら燕岳山頂に向かいます。 その燕岳です 鹿島槍ヶ岳です お花も。これから咲きだす感じです 北アルプスの山々、まだまだ雪が目立ちます これが有名な?イルカ岩、それに遠くに槍ヶ岳 燕岳への登山道から振り返って燕山荘 槍ヶ岳をアップで。 穂先(大槍)の横に小さく孫槍、それに小槍です。 この小槍、童謡の「アルプス一万尺」に出てきます。 『♪アルプス一万尺 小槍の上で アルペン踊りを 踊りましょ ♪』 でも、実際はアルペン踊りを踊れるような所ではありません(^^;) 今年は雪が多くて全体的に花が咲き出すのも遅いのですが、それでもチラホラと咲いていました 裏銀座の山々 槍・穂高連峰 穂高連峰をアップで 有明山越しに安曇野ですね 一番高いピークが飛騨の笠ヶ岳 燕岳山頂に近づいてくると見えるのが立山と剱岳 立山をアップで。まだまだ雪が多いです。 続いて剱岳をアップで 北アルプス北部の山々。キレイに見えました(^^) 鹿島槍ヶ岳、手前に爺ヶ岳 標高2,763メートル、燕岳山頂です 烏帽子岳です 北燕岳山頂に登山者が一人立っています。バックの山は剱岳 左・燕山荘、右・槍ヶ岳です。燕山荘から槍ヶ岳までは表銀座縦走路と呼ばれる人気ルートです 真ん中に小さくですが赤い小屋が見えていますが、たぶん餓鬼岳小屋だと思います この日は結局ライチョ…

続きを読む

燕岳登山に行ってきました(1)

6月17日~18日に北アルプス・燕岳に登ってきました。 今回は単独登山ではなくて燕岳の山小屋・燕山荘主催のイベント「ライチョウ観察会」に参加しての登山となります。 この「ライチョウ観察会」は、専門の講師(日本野鳥の会会員)の植松晃岳氏のライチョウはもちろん他の野鳥やお花などのお話を聞きながらゆっくりと燕岳に登るイベントになります。 もちろんメインはライチョウになるのですが、自然相手なので出会えるかどうかはわかりませんが今回は18日にライチョウさんと出会うことが出来ました(^^) 写真もたくさん撮りましたので3回に分けて紹介します。 ちなみに2014年6月にも「ライチョウ観察会」に参加しています。 その時のブログですhttp://narayama2008.at.webry.info/201406/article_3.html (1)では燕山荘到着までを紹介します。 集合が燕岳の中房温泉登山口近くの有明荘前なので前日16日有明荘に泊まりました。 6月16日 近鉄・JR線と乗り継いでJR穂高駅から中房温泉行のバスに乗ります 有明荘前でバスを降りて、今夜泊まる事になる有明荘です 夕食です(^^) 6月17日 この日のお天気は快晴です ただ、あまりに天気が良い為かこの日はライチョウさんと出会うことは出来ませんでしたが、その代わり6月の北アルプスの絶景を見る事が出来ました(^^) 7時55分、有明荘を出発です。参加者は…

続きを読む

六甲山系・トエンティクロスから摩耶山に登りました。

5月3日に六甲山系・摩耶山に登ってきました。 地図を見ると六甲には登山道がたくさんあり摩耶山に至るルートもいくつもとれるのですが、今回歩いたのは・・・ 新神戸駅をスタート~布引の滝~トエンティクロス~徳川道~穂高湖~アゴニー坂~掬星台・摩耶山、下山は青谷道経由で阪急王子公園駅となります。 この案内板だと水色でなぞった線が歩いたルートになります 7時44分、新神戸駅をスタートです(^^) 7時56分、先ほどの案内板の前を通ってまずは布引の滝のひとつ、雌滝です。新神戸駅のすぐ近くにこのような滝があるんですね 続いて雄滝、ベンチがあったので早速休憩・・・(^^;) おんたき茶屋の前を通って 展望台です(^^) 五本松かくれ滝の案内 この滝の事かな・・・ 布引ダムの堰堤です。明治時代の建造物で国の重要文化財です 布引貯水池です 9時00分、櫻茶屋前を通過 9時10分、六甲全山縦走路(天狗道)の分岐です。全山縦走路でも摩耶山に行けるのですが今回はトエンティクロスを通るので森林植物園の方に行きます ところでトエンティクロス、漢字で書くと二十渡渉となります。生田川の上流を20回渡るという事でこの名がついているそうです。でも実際は20回も渡らないそうです。 まず木橋 このような堰も見られました 飛び石の渡渉もあります 9時29分、あじさい広場に到着。ここで休憩 休憩を終えて出発です。 河童橋を渡ります・・・先週も河童橋を渡りました。これで2週続けて…

続きを読む

矢田丘陵・松尾山から矢田山トレッキング

3月18日に矢田丘陵・松尾山から矢田山と歩いてきました。 矢田丘陵とは生駒山地の東側を流れる竜田川と富雄川に挟まれた南北に連なる丘陵の事で、松尾山は標高315m、矢田山が標高340mになります。 また、この丘陵には日本最古の厄除け寺といわれる松尾寺、アジサイ寺として知られる矢田寺と言った名刹があります。 歩いたコースはJR法隆寺駅→法隆寺→松尾寺→松尾山→矢田山→近鉄南生駒駅となります。 南生駒駅に出ますので山の反対側にある矢田寺は今回はパスとなりました。 8時15分、JR法隆寺駅をスタートです(^^) 8時33分、法隆寺です。法隆寺は南大門から東大門に抜けるだけです(^^;) 法隆寺南大門から境内です 東大門前から境内、やはり法隆寺は広いです 東大門前には「左 松尾道」との石柱があります 法隆寺沿いはこのような道です 8時49分、道標に「松尾寺 松尾山」と出てきました すぐに池沿いの道を行きます。この池は天満池と言います この天満池の前にあるのが斑鳩神社です 9時04分、法隆寺CC前の道標です ゴルフ場沿いの道を行きます 9時15分、ここから山道になって松尾寺まで上りが続きます 十丁、このような丁石が松尾寺まであります。確か丁石は十三丁からあったと思います 道は緩やかな上りです 途中、お地蔵さまも(^^) 三丁通過 9時38分、松尾寺に到着です 以下、境内で撮った写真を3枚。三重塔から 松尾寺から松尾山へは三重塔の脇道から更に上ると・・・…

続きを読む